かぎしっぽ通り

popoki1202.exblog.jp
ブログトップ

八甲田山(青森県)1  田茂萢湿原~赤倉岳~井戸岳縦走 2011.7.10

へなちょこ隊2011夏山は、青森の八甲田山へ。
かねてからいつか登ってみたいと思っていた憧れの山だ。

青森空港は少し曇り。
レンタカーを借りて走らせること30分。すぐに深い森の中。
飛行気から見える景色も、一面森だった。青森という名前に納得だなぁ~。

今回は、八甲田ロープウェイで一気に山頂に登り、八甲田ゴードライン(田茂萢湿原)→赤倉岳→井戸岳
→毛無パラダイスライン(上毛無岱・下毛無岱)→酸ヶ湯温泉へと下る縦走コースを歩く。
約4時間のコースだ。

ロープウェイ乗り場では、結構快晴だったんだけれど、
山頂についたら、一面ガス!ガス!ガス! 視界30Mです!
d0130927_1026632.jpg

ここから、岩木山が見えるはずだったんだけれど・・・。
カッパを着込んで、いざ出発!
晴天の山は最高ですが、ガスった山を楽しみましょう~。
d0130927_10272734.jpg

田茂萢湿原は、標高1324Mの高層湿原。
ボランティアガイドさんに聞いたところ、チングルマ・イワカガミ・アカモノが見頃だとか。
ウキウキと木道を歩いて湿原につくも、一面ガス~。
d0130927_1029303.jpg


でも、木道脇でカワイイお花に沢山出会えましたよ。
*アカモノ                       *ウラジロヨウラク
d0130927_10312716.jpgd0130927_10314020.jpg

*コバイケイソウ                 *シャクナゲ

d0130927_10322137.jpgd0130927_10323211.jpg




ガスった湿原を歩くこと30分。ここからは、登山道に入ります。
とにかく風が強い、強い。風に打たれながら、歩きます。
気温は低いのだけれど、続く坂道に汗が流れます。
d0130927_10371374.jpg


歩き初めてすぐ、マツとシャクナゲ、アオモリトドマツの洗礼を受けるへなちょこ隊。
登山道の両脇から木が覆い被さってくるなか、顔と肩に枝をバシバシ受けながら登ります・・・。
カッパ着ていないと、ケガしますね・・・。
d0130927_10391017.jpg


やっと、枝から解放された~。
ハイマツの高山帯までやってきました~。
d0130927_10434845.jpg

強風をもろに体に受けながら進みます。
このあたりから、ミルクさんの歩調がアップテンポに。ついていけません・・・。
わたしは、スローテンポで花を撮りながら・・・。

*ハクサンチドリ?ヨツバシオガマ?           *ミヤマオダマキ
d0130927_1045176.jpgd0130927_1045375.jpg


なんとか、赤倉岳山頂(1548M)に到着!
おなかも空いたことだし、ランチでもと思ったものの、
あまりの強風に長居が出来ない・・・。ガスで展望もなし。
立ったまま、ミニメロンパンとチョコレートを食べて、井戸岳へ向かう。

d0130927_10491145.jpg



d0130927_10514184.jpg

d0130927_10515461.jpgハクサンチドリ、ミヤマオダマキの群生を見ながら、稜線歩き。
強風に飛ばされないよう、慎重に・・・。
あぁ、ミルクさんが遠ざかる。

時折、ガスが散って周りが見えると、キレイな緑色の絨毯が広がる。
ここ、晴れていたらすごく気持ちの良い
稜線歩きなんだろうなぁ~。

赤倉岳~井戸岳まで稜線を歩くこと
約20分で井戸岳(1550M)に到着。


d0130927_10543993.jpg


d0130927_1055315.jpg

このあたりから、ガスが少しずつ散ってきた。
しかし、風はますます強くなってくる。またもや、長居はせずに立ち去る。
さっき歩いてきた、稜線が見えます♪ これぞ、稜線の醍醐味~~。
d0130927_1101691.jpg


▲コースタイム
八甲田ロープウェイ~田茂萢湿原~赤倉岳~井戸岳

10:40 八甲田ロープウェイ乗り場
10:50 八甲田ロープウェイ山頂駅
11:00~11:30 八甲田ゴードライン(田茂萢湿原)1324M
12:20 赤倉岳 1548M
12:40 井戸岳 1550M


*八甲田ロープウェイ

まだまだ続くよ、八甲田レポ~人気ブログランキングへ
[PR]
by popoki1202 | 2011-07-16 11:10 | 夏山

ほとんど日常雑記


by popoki1202