かぎしっぽ通り

popoki1202.exblog.jp
ブログトップ

高川山(山梨県・976M) 2011.10.8

3連休の初日。
どこか、さくっと近場のお山にでも登りたいな~と、
kiyomixさんをお誘いして、山梨の高川山に向かった。

以前、ハイキング雑誌でみて、富士山が見れる低山と知り、
いつか登ってみたいと思っていた山だった。
山梨なんて遠いかな?と思っていたけれど、意外と近く感じたのは
都内からのアクセスが結構便利だからかもしれない。

JR初狩駅を出発して、登山道に入ると、嫌というほど
「クマ出没注意!」の看板に出会う。

d0130927_12395630.jpg


クマ鈴を鳴らし、おしゃべりしながら登るものの、気が休まらない。
(けっこう小心者・・・なんです。)

連休で混んでいるかな?と思っていたのに、登山者にも全然会わない。
今日、一人だったら引き返していたかも・・・とkiyomixさんと話しながら進む。

最初は杉の林が多く、湿った場所ではキノコがたくさん!
しばらくすると、ドングリの木や落葉樹が増えてきます。

d0130927_12385162.jpgd0130927_123933.jpg


40分程登ると、男坂と女坂の分岐に出ました。
けっこう、良い汗をかいています。爽やかな秋の日でも、登っていると暑くなりますね~。
d0130927_12483452.jpg


迷わず女坂を選択して、もくもくと歩いていたら、枯れ沢のようなところに出ました。
荒れていて、登山道がまったくわからなくなってしまいました・・・。
ちょっと沢らしきところを登ったのですが、「ここは違うのでは?」と引き返すことに。

引き返そうと思ったところに、初めて人の声が!
若い3人組の男女でした。
コースを確認すると、「ここで間違いない」と言う。
う~ん・・・と思いながら戻ろうか迷っていると、その後ろから単独の男性が来たので、
聞いてみると、女坂はここのコースで合っているが、倒木で登山道が見えにくくなっているのでは?と。
コースを教えてくださいました!
あぁ、良かった~~~。ちゃんと登山道になっている道を歩くと安心しますね。
d0130927_12564289.jpg


人と会えたことで、クマさんへの恐怖心も少しなくなって
本当にホッとしました。
わりと歩きやすいコースではありましたが、所々崩れた箇所や倒木がありました。
先日の台風の影響でしょうか。
d0130927_1301938.jpg


危うくコースから外れそうになりましたが、無事に山頂に到着!!
高川山、山梨百名山なんですね~。
d0130927_1335262.jpg


この日は、雲が多めの晴れ。
残念ながら富士山を眺めることはできませんでした~。
d0130927_1345391.jpg

晴れていたら、南側の目の前にど~~んと富士山が見えるはずなのですが・・・。
それは、次回のお楽しみにしておきましょ~。

高川山、ぐるり360℃の展望を楽しめる山というだけあります。
北東方面に目をやると、まっすぐ伸びているのはリニアの実験線です!
d0130927_1371470.jpg


山頂には、去年亡くなったビッキーのお墓らしきものもありました。
登山者に愛されたワンちゃんだったんですね~。

ゆっくりと昼食をとったら、下山します。
d0130927_13111814.jpg

d0130927_13121839.jpg

d0130927_1313629.jpgd0130927_13131966.jpg

d0130927_13143262.jpg
途中、クリが沢山落ちている場所が!
ほとんど、実がからっぽでしたが・・・。
クマさんが食べたのかしら??
面白いキノコも沢山見かけました。
秋、ですね~~。

d0130927_13154288.jpg

無事に登山道から人里に降りてきて、ホッとしました~。
下山したコースも、最初は人の声がしていたのですが、途中から人がいなくなってしまって、
静かな山歩きでした。
クマさんに会うことなく、山登りできて良かったです♪

(桂川:水源は山中湖、忍野八海の水も流れ込んでいるとか。さすがキレイでした!)
d0130927_13234431.jpg

この辺り、リニアの見学センターもあるらしいので、そちらと合わせて
遊びにきても楽しいかも!と思いました。

冬になったら、富士山の絶景リベンジで登りに来たいな~。

▲コースタイム 約4時間
9:32  JR初狩駅着
10:30 女坂分岐
11:20 高川山 山頂(昼食)
12:00 下山開始
13:00 登山口着
13:40 富士急行 田野倉駅着



人気ブログランキングへ
[PR]
by popoki1202 | 2011-10-10 13:33 | 秋山

ほとんど日常雑記


by popoki1202