かぎしっぽ通り

popoki1202.exblog.jp
ブログトップ

縞枯山荘で珈琲とぜんざい 2012.8.28

北橫岳の登山口でのこと。(登る前)
坪庭の石に座ってスケッチをされていたご婦人に出会いました。

「北橫岳にいかれるの?」と話しかけられ、わたしが一人で来ていると知ると、
「わたしも登ってみようかしら」と。
途中まではご一緒させていただき、それぞれマイペースに登りました。

私の方が先に登ってしまったので、どうされたかなぁ~と思っていたのですが、
北橫岳の頂上でまたそのご婦人と再会し、縞枯山荘のお話を聞きました。
蓼科の別荘で夏を過ごされているというそのご婦人は、
昨日は縞枯山荘でゆっくりコーヒーを飲みながらスケッチをして過ごされたのだとか。
d0130927_8311911.jpg

「とっても、ゆったりしていて、素敵でしたよ。 ほら、あそこが縞枯山荘。」と
指先をたどると、青い屋根がちょこんと見えました。

下山したら行ってみます!と手を振り別れ、実は密かに憧れていた縞枯山荘へ
向かいました。

にぎやかな坪庭を抜けて。縞枯山荘に向かう木道を進みます。
この木道、トンボがたくさん飛んでいて、トンボと一緒に歩きましたよ(^^)
d0130927_8331514.jpg


すると、見えてきました♪ かわいい青いとんがり屋根。
d0130927_834311.jpg


テラス席が空いていたので、ここでランチタイムとします♪
d0130927_8383215.jpg

d0130927_839342.jpgd0130927_8393558.jpg

珈琲とぜんざいを頂きました。
このぜんざいが、また美味~~。お餅がかりっとしていて、栗入り(^^)
小屋の方も、とても感じがよくて、ほっこり。
これから行こうと思っている縞枯山について伺うと、「雪のないときは登ったことがない」と笑う。
冬は険しい岩の道も雪で覆われるから、冬のほうが登りやすいよ、と。
楽しくおしゃべりしていると、一本道を北橫岳で出会ったご婦人がやってきました(^^)
「またお会いできましたね。」と、しばし楽しい時間をご一緒させていただきました。
こういうの、良いものですね~。

一人で山歩きって、寂しいかなと思うけれど、意外と楽しいもの。
「ひとりだと、気ままに、自分のペースで楽しめていいものね。」と
ご婦人も笑っていらっしゃいました。

山小屋泊ってしたことがないけれど、いつか泊まることもあるのかなぁ~。
縞枯山荘、小屋の方の雰囲気といい、とっても気に入ってしまいました(^^)
d0130927_8432661.jpg


小屋の前に、かわいいお地蔵さん。
d0130927_8483385.jpg


雨池まで行くというご婦人と別れて、私は縞枯山へ向かいます。
d0130927_8512486.jpg


・・・ところが、岩ゴロゴロの急坂。お天気も怪しくなってきました。
バスの時間のこともあるし、どうしようと小休止しながら考えましたが、
縞枯山はパスして、戻ることにしました。

縞枯山荘が見えて、ほっ。
前を歩いているのは、出会ったご婦人。どうやら、雨池行きをパスされたようでした!
d0130927_853436.jpg


あれれ、だいぶ雲が黒くなってきましたよ。
ガスも広がってきました。山はパスして正解だったかもしれませんね。
d0130927_8544668.jpg

d0130927_855070.jpg


坪庭まで戻ってきました。
ロープウェイの時間まで、お花散策。
*アザミ                              *ホタルブクロ
d0130927_8564992.jpgd0130927_8572335.jpg

d0130927_8572963.jpg *ハクサンフウロ

d0130927_859868.jpg


北八ヶ岳、急に思い立ってやってきた山でしたけれど、素敵なお山でした。
なんとなく、秋や初冬の静かな時期に来たくなるようなお山。
名前をかわすほどでもないけれど、山で少しだけ同じ時間を過ごさせて頂いた出会いも
楽しい出来事でした。


▲コースタイム 約5時間
9:15  八ヶ岳ロープウェイ 坪庭
10:05 橫岳ヒュッテ
10:30 北橫岳山頂
11:15 坪庭着
11:40 縞枯山荘 (ランチ)
12:50 坪庭着
13:00 八ヶ岳ロープウェイ

縞枯山荘
トイレもお借りしましたが、バイオトイレで快適でした!
これなら、山小屋泊もできそう~と思いましたよ。


人気ブログランキングへ
[PR]
by popoki1202 | 2012-09-08 09:09 | 夏山

ほとんど日常雑記


by popoki1202