かぎしっぽ通り

popoki1202.exblog.jp
ブログトップ

2013初登山 陣馬山 2013.1.4

富士山を見ると、どうして嬉しくなるのだろう。
今年の初登山は、富士山が見える山にしよう!と決めていた。

ひとりで高尾山にでもと思っていたところに、前日に友人から山のお誘い。
お天気も良さそうだし、友人は登ったことがないという陣馬山に行くことに。

今回も、藤野駅から歩いて登山口に行き、一ノ尾根コースで登り、
栃谷尾根から下る。 (前回2012.12月初旬の記事はコチラ)

d0130927_13152686.jpg

d0130927_13153975.jpg


一ノ尾根コースの魅力は、なんといっても歩きやすさと静けさだと思う。
この季節は落ち葉歩きも楽しい♪(晩秋と冬しか来たことがないけれど)
同行してくれた友人も、こちらのコースが気に入った様子。ヨカッタ~。

この日は、この冬一番の寒さだった。
山も相当寒かろうと思っていたが、風が少なく日差しもあるから意外にも暖かい。
晴れた冬の登山は最高ですね~。

木立のあいだからは、なんと真っ白な富士山が!!
前回登った時は、曇天のうえ、途中からあられ、雪に見舞われたため
富士山の姿を拝めなかったので、一層感激~~。
d0130927_13205622.jpg


d0130927_13224862.jpg高度があがってくると、霜柱が現れる。
日向でも溶けずに残ってくれているのは、やっぱり気温が低いからなのだろう。
こちらは、ワタクシ命名「霜柱ロード」
(ネーミングが昭和チック・・・)

霜柱の上をザクザクと歩くのって、
楽しいよねっ。

友人に同意を求めると、なんと!
友人は霜柱を見たのが生まれて初めてなんだとか!びっくり~。


d0130927_13252381.jpgd0130927_13254479.jpg


霜柱ロードをいくつか通り、山頂に続く階段が見えてくれば、山頂はすぐそこ!
富士山を見たくて、気が急くけれど、続く階段に息があがる。
坂を登りきって振り返ると・・・。
富士山ど~~ん!
d0130927_13272037.jpg


こちらの景色も絶景です!
雪山がふたつ見えるんだけど、山座固定ができないワタクシ・・・。
日光白根山?? 南アルプス?? まったくワカリマセン。
d0130927_1413251.jpg


関東平野も見渡せますぞ~。空が青いですね~。
d0130927_1423291.jpg


d0130927_143798.jpgd0130927_1431875.jpg

景色を一通り堪能したら、お昼にしましょう!
今回もお目当ての信玄茶屋さんがお休みだったので、今日は淸水茶屋さんで「けんちん汁」を
頂きました。具沢山で素朴なお味♪ 冬はあったかいものが良いですね。
目の前には富士山もあるし、言うことなし!贅沢な昼食です。
(なんかレンズにゴミが・・・)
d0130927_146728.jpg


お腹いっぱいになったら、下山しましょう。
栃谷尾根は、樹林帯が続く。

下ばかりみて歩いていたら、なんだか白いティシュのかたまりがポツポツとあるな~
と近づいてみると、「シモバシラ」だ~!!
わぁ~、感激~。

お花になっているものや、ソフトクリームみたいなの。
小さいの、大きく育っているもの、様々でかわいい♪
自然ってすごいですよねぇ。だから、山登りは楽しい。
d0130927_149453.jpgd0130927_14101133.jpg

d0130927_14101615.jpgd0130927_14103953.jpg


★シモバシラ
雪寄草(ゆきよせそう)/シモバシラ シソ科の多年草
地上部が枯れてからも、枯れる前と同じように地中の水を吸い上げて
茎の上の方まで送り続けているため、地中から吸い上げられた水が、
夜間の寒さで凍り、枯れた茎を割って吹き出して氷の花を咲かせる。



登山道を抜けたら、あとはのんびり里山を歩いて駅に向かいます。
空気の澄んだ快晴だから、途中の茶畑からも富士山がくっきり(^^)
d0130927_14163520.jpg


2013年の初登山。
念願の雪化粧した富士山を拝めることができて感謝。
今年も、健康に歩けますように。

▲コースタイム 約5時間
10:40 藤野駅出発~一ノ尾根コース
13:30~14:15 陣馬山 山頂(昼食)
15:55 藤野駅到着



人気ブログランキングへ


●里山で出会った~
d0130927_1417512.jpg

柚子と茶畑が広がる里山で休憩していたら、木を登る動物が見えた。
猫好きな私は、「あ!猫」と目をこらしてみると、なんとお猿さん。
(フェンス上で丸まっているのが、お猿さん・・・)

よ~く見てみると、子猿もいたりして、合計8匹くらいの集団のようだ。
さぞ農家の方はご苦労を・・・。
実家のある長野でも猿、鹿の食害は深刻と聞く。
まさか東京近郊でもこんなに野生の猿が里山におりてきていると
知らなかったので驚いた。
[PR]
by popoki1202 | 2013-01-05 14:27 | 冬山

ほとんど日常雑記


by popoki1202