かぎしっぽ通り

popoki1202.exblog.jp
ブログトップ

初秋の高峰山(2091.6M 長野県)その1 2013.9.9

帰省のついでに山登りが恒例行事となりつつあるこの数年。
今年は、まだ一度も山登りをしていないという母。
ちょっと体力が落ちているから、ラクチンコースをリクエストされていた。

d0130927_1156468.jpg


せっかくだし、お花も見れて少し歩けるラクチンコースはないかなぁ~と
調べていたら、高峰山が良さそう!というわけで、やって参りました(^^)
この日は、晴れてはいたけれど雲が多め。
高峰高原ホテル前から、晴れていれば見えるはずの富士山、八ヶ岳、北アルプスは
雲のなか~~。
去年の9月に来た時は、富士山が見えたのよね~。(★昨年2012/9/16の黒斑山

黒斑山には、過去に2回登っていますが、高峰山は初めて。
どんな景色に会えるか楽しみ~~。

高峰高原ホテル裏が登山口のスタート地点。
白い鳥居をくぐって、進みます。
d0130927_12151112.jpg

さっそく現れたのは、マツムシソウ。散ってしまったぼうず頭もたくさん見ましたが
キレイに咲き残っているマツムシソウは、このコースで沢山出会えました(^^)
d0130927_12152230.jpgd0130927_12172941.jpg

アキンオキリンソウも沢山/シラタマノキもあちこちに
d0130927_12174367.jpgd0130927_12175674.jpg

d0130927_12232798.jpgd0130927_12234010.jpg

白いセリ科のお花(左側)は名前がいつもわからない・・・。
右側のヤマハハコは、大群生であちらこちらに(^^)


d0130927_12273881.jpg

最初の登りは、こんな感じで、笹の坂道を登ります。
実は、先月に父と高峰高原ホテルの日帰り湯に来ていて、ここを少し登ったとのこと。
(父は殆ど運動をしないので、よく登ったものだと驚きました!)
息があがらないように、ゆっくり登りましょう~~。

ヤマハハコや、アキノキリンソウ咲く道を登っていくと、
先を歩く母の歓声が。

わぁ~~、すごい!キレイ!リンドウの群生です(^^)
これは見事~~。 
d0130927_1230222.jpg

d0130927_12324264.jpg

d0130927_1232062.jpgd0130927_123214100.jpg

開花していたリンドウの花の中を覗いてみると、中は白くて、まるで折り紙の花みたい(^^)
山に来て良かったなぁ~、母を連れてきてあげて良かった~(^^)

リンドウの群生地の橫は、ベンチのある休憩スペース。
ここまで、登山口から約20分。休憩して、お花と景色を楽しみます。

きっと東京は暑いだろうに、山の空気はひんやりしていて本当に気持ちが良い(^^)

d0130927_1241252.jpgd0130927_12411812.jpg

休憩したら、高峰山の山頂を目指して歩きましょう~。
ここからは、笹が少なくなってきて、気持ちの良い稜線歩きが続きます。
時折、木の間から佐久の街が眼下に見えます。田んぼの黄金色が良い感じ~~。
d0130927_12424986.jpg

d0130927_12441416.jpg

d0130927_1244331.jpgd0130927_12451075.jpg

黄色いイワインチン。金平糖を集めたみたいなお花が可愛い(^^)
ツリガネニンジンは、ほとんど終わりかけ。時々咲いているのに出会うくらいだったかな。

初秋でこんなにお花に会えるとは思っていなかったので、母と二人で感激しっぱなし
でした。
急坂もないので、母のリハビリ登山にもちょうど良かったです。

それにしても、静かなお山。平日とはいえ、駐車場にはけっこう車も停まっていたし、
ビジターセンターにも人がちらほらいたけれど、みんな黒斑山に行っているのかも
しれませんね。
この時点では、まだ誰とも会いませんでした。

お花も続くよ、高峰山その2に続く~

人気ブログランキングへ



★昨年2012/9/16の黒斑山
★カラマツの紅葉時期の高峰高原(2011.11月)
[PR]
by popoki1202 | 2013-09-14 12:53 | 秋山

ほとんど日常雑記


by popoki1202