かぎしっぽ通り

popoki1202.exblog.jp
ブログトップ

うらめしや~~。

d0130927_8595980.jpg

時代小説なんかを読んでいると、ときどき「化け猫」が登場する。
猫又とか。
友人と「どうして犬は『化け犬』にならないのかしら?」という話になった。
「犬は、なんか化けそうもないものねぇ。」
「猫は、それだけ神秘的な生き物なのだろう。」という事で落ち着いた。

いろんな表情を持つ猫だけれど、ときどきはこんな表情も。
親ばか、猫ばかは、こんな顔も可愛いと思ってしまうのです。
[PR]
by popoki1202 | 2007-11-18 09:10 |

ほとんど日常雑記


by popoki1202