かぎしっぽ通り

popoki1202.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:秋山( 54 )

高峰温泉との分岐(粒ヶ平)から、高峰山の山頂を目指します。
途中、動物のフンをいくつか見かけました。
たぶん、フンの大きさからして、クマではないと思いましたが、
念のため二人でクマ鈴をつけて歩きます。(たぶん、キツネかタヌキかなぁ~)

d0130927_14145045.jpg

振り返って仰ぎ見れば、あれは黒斑山でしょうか~。
チェリーパークラインの、くねくねした道も見えますね(^^)
d0130927_14154941.jpg

d0130927_14163470.jpg

秋らしい道を進む。
赤い実は「ムシカリ(すいかずら科)」真っ赤でキラキラ☆
d0130927_14175111.jpgd0130927_14193828.jpg

d0130927_14223728.jpg

足元の小さき植物。赤く紅葉した姿が美しかった。



d0130927_14242298.jpgそろそろ山頂かなと思ったら、突然目の前に大きな岩~~。

今までの景色とのギャップが、面白い。

もちろん岩を登れるはずもなく。
岩の橫をぐるっとまわって、登ります。

d0130927_14243643.jpg
d0130927_14261896.jpg




ちょうど岩の裏側が、山頂になっているようです(^^)
高峰山の山頂に到着~~!(2091.6Mなり~)
逆光で暗くなっちゃった山頂写真・・・。
山頂のプレートより少し行ったところに、祠がありました。
d0130927_14274414.jpgd0130927_14275660.jpg

広い山頂、展望もよし~。
快晴なら、八ヶ岳や北アルプスも見えるようです。
それにしても、すごいトンボの数でした。写真にも、トンボさん写っていますね。
d0130927_14294323.jpg
d0130927_14295520.jpg

眼下に広がる小諸の街を見ながら、ランチタイムです(^^)

そうそう、山頂までにすれ違ったのは、わずか2組。
ランチを食べていたら、賑やかなご婦人グループが登って来て
「初めて人に会った~~」と言われました。
本当に静かなお山です(^^)

その4に続く~

人気ブログランキングへ
[PR]
by popoki1202 | 2013-09-16 10:00 | 秋山
d0130927_13392781.jpg

雲があがってきました。
涼しい風が通り抜けます。気持ちよし~(^^)
のんびり歩ける高峰山ですが、標高は2091M さすがにいつも登っている低山とは違う空気。
お花も、高山ならではのお花に会えるので得した気分♪

足元をキョロキョロしながら歩くので、なかなか進みませんが、これでいいのです♪ 
(地図だと登り50分、下り30分のなんとも短いコース!だからのんびり歩いても大丈夫!)
こういう山歩き、大好き。
d0130927_13421030.jpgd0130927_1343943.jpg

キノコもたくさん見かけます。
母曰く、「ジコボウ」ではないかと。美味しいキノコらしいです。
(もちろん、ここでは採ってはいけませんよ~~。)

それにしても、高峰山はマツムシソウがたっくさん♪
お花畑~~。 蝶々もひらひら舞う姿を見せてくれます(^^)
d0130927_134651.jpg

d0130927_13462589.jpgコヒョウモン(?)でしょうか。
昆虫にあかるくないもので、
まったくワカリマセン(^^;)
この蝶は、わりとよく見かけました。

マツムシソウには、蝶や蜂がやってきては飛んでいきます。
きっと美味しい蜜なんですねぇ~。
d0130927_13463619.jpg

d0130927_16143910.jpgd0130927_16145997.jpg

クジャクチョウ、たくさん見かけるも撮るのが難しい~。
近づくと逃げてしまうので、遠くからこれが精一杯。

ハクサンフウロは、もう終わりかけみたい。
ピンクの小さな花が可愛いですね~。
d0130927_13474465.jpgd0130927_13475494.jpg

カラマツの紅葉はまだ先ですが、また来てみたいなぁ~。
ウスユキソウは咲き終わっていましたが、ちらほらと会えましたよ。
d0130927_1349810.jpgd0130927_13492223.jpg

アザミもたくさん♪
d0130927_13513125.jpgd0130927_13514042.jpg

アキノキリンソウ/キオン(それほど多くは見かけませんでした。)
d0130927_13521124.jpgd0130927_13522467.jpg

足元のシラタマノキもお忘れなく♪
こちら薬草なんだそう。食べると湿布の風味だとか。もちろん、山では採っちゃダメですよ~。
d0130927_13532691.jpg

赤く紅葉した葉っぱはなんだろう~。秋の雰囲気ですね。
d0130927_1455352.jpgd0130927_1462386.jpg

d0130927_1404426.jpg
d0130927_141086.jpg

高峰山への登山口はふたつ。
今回は、高峰高原ホテル裏から登り、下山は高峰温泉方面にする予定。
ここが分岐なんですね~。

山頂までは、あと15分(^^)
最初の休憩スポット(ベンチのあったところ)までが、いちばんの登りで
あとは歩きやすい稜線が続くこのコース。
のんびり山を楽しみたいときには、ぴったりでした。

その3に続く~

人気ブログランキングへ
[PR]
by popoki1202 | 2013-09-15 10:00 | 秋山
帰省のついでに山登りが恒例行事となりつつあるこの数年。
今年は、まだ一度も山登りをしていないという母。
ちょっと体力が落ちているから、ラクチンコースをリクエストされていた。

d0130927_1156468.jpg


せっかくだし、お花も見れて少し歩けるラクチンコースはないかなぁ~と
調べていたら、高峰山が良さそう!というわけで、やって参りました(^^)
この日は、晴れてはいたけれど雲が多め。
高峰高原ホテル前から、晴れていれば見えるはずの富士山、八ヶ岳、北アルプスは
雲のなか~~。
去年の9月に来た時は、富士山が見えたのよね~。(★昨年2012/9/16の黒斑山

黒斑山には、過去に2回登っていますが、高峰山は初めて。
どんな景色に会えるか楽しみ~~。

高峰高原ホテル裏が登山口のスタート地点。
白い鳥居をくぐって、進みます。
d0130927_12151112.jpg

さっそく現れたのは、マツムシソウ。散ってしまったぼうず頭もたくさん見ましたが
キレイに咲き残っているマツムシソウは、このコースで沢山出会えました(^^)
d0130927_12152230.jpgd0130927_12172941.jpg

アキンオキリンソウも沢山/シラタマノキもあちこちに
d0130927_12174367.jpgd0130927_12175674.jpg

d0130927_12232798.jpgd0130927_12234010.jpg

白いセリ科のお花(左側)は名前がいつもわからない・・・。
右側のヤマハハコは、大群生であちらこちらに(^^)


d0130927_12273881.jpg

最初の登りは、こんな感じで、笹の坂道を登ります。
実は、先月に父と高峰高原ホテルの日帰り湯に来ていて、ここを少し登ったとのこと。
(父は殆ど運動をしないので、よく登ったものだと驚きました!)
息があがらないように、ゆっくり登りましょう~~。

ヤマハハコや、アキノキリンソウ咲く道を登っていくと、
先を歩く母の歓声が。

わぁ~~、すごい!キレイ!リンドウの群生です(^^)
これは見事~~。 
d0130927_1230222.jpg

d0130927_12324264.jpg

d0130927_1232062.jpgd0130927_123214100.jpg

開花していたリンドウの花の中を覗いてみると、中は白くて、まるで折り紙の花みたい(^^)
山に来て良かったなぁ~、母を連れてきてあげて良かった~(^^)

リンドウの群生地の橫は、ベンチのある休憩スペース。
ここまで、登山口から約20分。休憩して、お花と景色を楽しみます。

きっと東京は暑いだろうに、山の空気はひんやりしていて本当に気持ちが良い(^^)

d0130927_1241252.jpgd0130927_12411812.jpg

休憩したら、高峰山の山頂を目指して歩きましょう~。
ここからは、笹が少なくなってきて、気持ちの良い稜線歩きが続きます。
時折、木の間から佐久の街が眼下に見えます。田んぼの黄金色が良い感じ~~。
d0130927_12424986.jpg

d0130927_12441416.jpg

d0130927_1244331.jpgd0130927_12451075.jpg

黄色いイワインチン。金平糖を集めたみたいなお花が可愛い(^^)
ツリガネニンジンは、ほとんど終わりかけ。時々咲いているのに出会うくらいだったかな。

初秋でこんなにお花に会えるとは思っていなかったので、母と二人で感激しっぱなし
でした。
急坂もないので、母のリハビリ登山にもちょうど良かったです。

それにしても、静かなお山。平日とはいえ、駐車場にはけっこう車も停まっていたし、
ビジターセンターにも人がちらほらいたけれど、みんな黒斑山に行っているのかも
しれませんね。
この時点では、まだ誰とも会いませんでした。

お花も続くよ、高峰山その2に続く~

人気ブログランキングへ



★昨年2012/9/16の黒斑山
★カラマツの紅葉時期の高峰高原(2011.11月)
[PR]
by popoki1202 | 2013-09-14 12:53 | 秋山
12月から仕事が忙しくなるのは例年のことで、
そのまえに山の空気が吸いたくて、中央線に乗った。

高尾駅から乗った電車のなかまでは、行き先は「高川山」だったんだけれど。
お天気もイマイチで富士山は望めないないだろうと、突然行き先を「陣馬山」に変更。

去年、kiyomixさんと歩いたから、道は大丈夫!
藤野駅から登山道までは約30分。準備運動にもちょうどいい感じ。

d0130927_15475843.jpg


最初は杉が多い登り道だけれど、
すぐに広葉樹の明るい尾根道に出る。尾根道、大好き~。
d0130927_1549057.jpg

d0130927_15494437.jpg



あぁ、これ。これ。わたしは、こんな道が歩きたかったのだなぁと思う。
落ち葉でふかふか(^^) 幸せ~~。

d0130927_15504714.jpg




この辺りは、コナラやクヌギが多いみたいですね(^^)
優しい黄葉が、また良い感じ♪
d0130927_15541889.jpg

d0130927_15543119.jpg

d0130927_15544499.jpg


ゆっくりひとりで歩く山登り。
色んな葉っぱの香りを楽しみながら、登る。

途中で、何組か団体さんにも出会ったけれど、高尾山に比べたら
静かな山歩きが楽しめるのも、ここの魅力かも。

だいぶ、山頂にも近づいてきましたかね。
雲ってきて寒くなったので、前日にユニクロのセールでかったフリース手袋をつけよう!
と思って、ザックをがさごそ。
手袋、片方しかありませんでした・・・。どこかに落としちゃったみたい・・・。
d0130927_15571581.jpg



手袋紛失の動揺を感じながら、最後の階段を登ります!!
うんしょ、うんしょ。
d0130927_15574489.jpg


陣馬山 山頂~~。
d0130927_155861.jpg



あれれれ、れ。すごいガスです。
お目当ての茶屋も閉まっています・・・。ざんねん。
d0130927_161581.jpg


ベンチで、カップラーメンを作っていたら・・・・。
突然の突風~!と大量のあられが降ってきた!!
これはランチどころではないと、カッパを着込み、撤収!
ここで、また失せ物ひとつ。お尻に敷いていた三つ折り座布団がない・・・。
撤収でお尻をあげたときに、突風にされわれたみたい。
ショックです。(なくしたこともだけれど、山にゴミを捨てたも同然・・・ごめんなさい)

あられは、やがて雪に。
d0130927_1663643.jpg

バシバシとあられ混じりの雪を受けながら、下ります。
時々現れる紅葉がまたキレイなのです。
d0130927_1682653.jpg


登山道は、もうほとんど終わりというところで、急に晴れました。
この日のお天気は、とくに変わりやすかったようです。
d0130927_16101256.jpg


それにしても、ゴアはえらいですね~。
ちゃんと水をはじいてくれています(^^) 
d0130927_16103957.jpg


舗装道路まで出たら、この青空!
結局、あられと雪が降ったのは、約1時間程度だったみたい。
d0130927_16111865.jpg


初冬は、空気が澄んで山歩きが楽しい季節でもある。
年内に、もうひとつどこか歩きに行けるといいな。


▲コースタイム 約4時間

10:20 藤野駅
10:50 陣馬登山口~一ノ尾根コース
12:30 陣馬山 山頂~栃谷尾根コースで下山
14:30 藤野駅着




人気ブログランキングへ
[PR]
by popoki1202 | 2012-12-16 09:30 | 秋山
ミルクさんの親孝行紅葉狩りドライブに便乗させていただいた。
(いつも快く車を出してくださるミルク父に感謝!)

行き先は、またしても私が決めて良いとのこと!
みんなが行ったことのない場所で、日帰りでお手軽なところ・・・
なかなか思いつかなかったのだが、駅のパンフレットでみた花貫渓谷の吊り橋の写真が
キレイだったので、茨城の花貫渓谷に決定~。

朝6時半に東京を出発して、常磐道で茨城へ。
高速のSAめぐりも楽しいドライブ。渋滞が心配でしたが、予定通り、9:15には花貫渓谷に到着!!
紅葉もちょうど良い感じ~~。
d0130927_114571.jpg

d0130927_1150385.jpg


駐車場から20分程歩くと、見えてきました、汐見滝吊り橋。
吊り橋周辺の紅葉はピークを過ぎていましたが、落葉した木の枝から見える景色も
良いもんです♪
d0130927_1151444.jpg


吊り橋を渡ったら、すこしハイキングしましょうか~。
前日の大雨で、落ち葉が濡れているので気をつけて歩きます。
d0130927_1154282.jpgd0130927_11544599.jpg

d0130927_1154324.jpg



今年の紅葉は、色が鮮やかだなぁ。
黄色い葉っぱも、赤い葉っぱも、橙もすき。
d0130927_11565836.jpgd0130927_11575416.jpg

d0130927_11562997.jpg

落葉した林に、ぽっと赤い葉っぱ。
太陽の光で、キラキラでした。

d0130927_11572397.jpg

来たときも、結構たくさんの人がいましたけれど、
駐車場までの帰り道は、それはそれは沢山の観光客とすれ違う。
団体さんばかりなので、バスツアーの方達かな?と思っていましたが、
駐車場に戻ってビックリ。
朝もほどほどに埋まっていましたが、観光バスでぎゅうぎゅう。
入りきれない観光バスが道路まで何台も並んで大渋滞。
高萩市は福島県境にあって人も少ないのかなと思っていましたけれど、
さすが紅葉シーズン。観光客が戻ってきているみたいですね(^^)

▲コースタイム 約1時間半 
9:15 花貫渓谷駐車場
9:30 渓谷沿い散策~汐見滝吊り橋~小滝沢キャンプ場~紅葉並木
11:00 花貫渓谷駐車場着

★花貫渓谷



人気ブログランキングへ
[PR]
by popoki1202 | 2012-11-23 12:08 | 秋山
祖母の49日法要で帰省の折。
法要の前日にハイキングってどうなの・・・?と思ったのだけれど、
母を誘うと、前日は何もすることがないから大丈夫!との答え。

何気なく行ってみる?と誘ったのは「八千穂高原」。
実は母がこの数年ずっと行ってみたかった場所だったのだとか。
「おばあちゃんが、行っておいで。」と言ってくれているみたいだと、嬉しそう。

d0130927_1011577.jpg

d0130927_10131568.jpg


初めてやってきた八千穂高原。
ここは、日本一の白樺群生地なんだとか。
道の両側にはず~っと白樺の林。正面には、北八ヶ岳の山がカラマツに染まっている。
頭上には青空! これは言うことなしのハイキング日和♪

白樺の中を歩きたいねと、適当なところで車を駐めて、ハイキングコースをゆっくり歩く。
d0130927_10153231.jpg



歩き始めたのは10時近くだったが、この日はかなり冷え込んだらしく
足元には霜柱が。 冬のよう。
d0130927_10122374.jpgd0130927_10123412.jpg

人もほとんどいない静かな森歩き。
母のおしゃべりが止まらないので(笑)、一度おしゃべりを制す。
すると、しーーーん。 鳥の声と、風が熊笹をゆらす音しかしない世界。

d0130927_1012584.jpg


静かな森歩きに満足したので、次は八千穂高原自然園へ向かう。
自然園の中は、川あり池ありと意外にも変化に富んでいて
良いハイキングコースになっていた。
白樺もあるけれど、カラマツや高山植物が多いみたい。
ここは、お花の季節に来たら楽しそう~。
d0130927_10224285.jpgd0130927_1023725.jpg

d0130927_10254088.jpgd0130927_10261015.jpg

褐色の世界で目立っていたピンクのマユミの実。キレイでした。
キノコは、あちこちで見かけました。これは、しめじの一種でしょうか~。
触ったら、霜で凍っているのかカッチカチでした!

d0130927_10295491.jpgd0130927_10311623.jpg

d0130927_10394215.jpgd0130927_10395732.jpg



自然園をぐるっと歩いたら、また白樺林に戻ります。
こんなに沢山の白樺を見たことがないので、二人ともすっかり白樺のトリコに・・・。

私たちが訪れた11月始めはすでに白樺の黄葉は終わり、ほとんど落葉していたのですが、
白樺は落葉した頃が美しいのではないかと。

白樺の白い幹と枝の向こうに、また白い枝、枝、枝。
青空と白樺の幹の広がりが本当に美しかったのです。
d0130927_1033048.jpg

d0130927_1033441.jpg

思う存分歩いたら、八千穂レイクで一休み。
湖の向こうに白樺林。キレイです(^^)
反対側は、カラマツの黄色い世界♪ これもまた美しい。

d0130927_10342431.jpg

d0130927_10352230.jpg


どこかで暖かい珈琲でも飲んで帰りましょうか。
車に乗り込んだ帰り道、母が急にもう一度白樺の中を車で走りたいと言う。
「行こう、行こう。」 突然のUターン。
笑いながら、朝来た道を再び走る。

d0130927_10422985.jpg

朝は鮮やかなブルーだった空が、水色に。
白樺の中を歩くのも美しかったけれど、この道本当にキレイだった。

今度は新緑の季節にね、と約束して帰路へ。


人気ブログランキングへ

▲コースタイム 約3時間半
8:20 長野新幹線佐久平駅
9:45~11:15 八千穂高原(白樺群生地 ハイキングコース)
11:15~12:10 八千穂高原自然園散策(昼食)
12:10~13:15 八千穂レイク周辺散策

★八千穂高原
[PR]
by popoki1202 | 2012-11-10 10:52 | 秋山
荒涼とした沼の平を過ぎると、あとは下るのみである。
下を見れば、紅葉の絨毯。こんな景色、みたことない。
赤や黄色に橙。常緑樹がポイントとなって、美しいこと。
d0130927_22523892.jpg


標高が下がってくると、ナナカマドが真っ赤! 青空に映えますね~。
d0130927_22561310.jpg

安達太良山には、とっても良い温泉付きの山小屋がある。
ちょうど帰りのバスの時間まで余裕があることだし、行ってみましょうか。
d0130927_22593118.jpg

d0130927_2303064.jpg

d0130927_2315134.jpg

d0130927_2321032.jpgd0130927_237550.jpg

憧れの「くろがね小屋」。
立ち寄り湯は400円と良心的。受付で料金を払ったら、湯船にGO!!
硫黄の温泉が、ざばざばと湯船に注がれていて、もちろん源泉掛け流し♪
浸かっていると、お肌がつるつる~。
外は見事な紅葉。こんな贅沢な湯浴みはなかなかないです。
他にお客さんもいなかったので、窓を開けて露天気分でゆっくり楽しませて頂きました♪
だって、外にはこんな紅葉が広がっているんですもの~(^^)

d0130927_2341965.jpg

d0130927_2345954.jpg

温泉に入ったら、体はぽっかぽかで、足が軽くなりました♪
くろがね小屋の方も、小屋から下が見頃だと仰っていたので、楽しみに下山します。
d0130927_2313915.jpg

d0130927_23132665.jpg

d0130927_2315347.jpg

紅葉のトンネルを抜けて、また紅葉。
撮影ばかりしていて、なかなか進みません(^^)
振り返れば、彩りの山のなかに「くろがね小屋」
d0130927_23175279.jpg

d0130927_2318238.jpg

d0130927_23183544.jpg

右をみても、左をみても、パッチワークと彩りが広がっていて、たまりません(*^_^*)

標高が下がってくると、紅葉の色が変わってきます。
くろがね小屋の辺りでは、鮮やかな赤や黄色、橙など、くっきりした色が多かったけれど、
下ってくると、カラマツやブナが多くなってきます。
d0130927_23221259.jpg

d0130927_23224928.jpg

優しい色合いのブナの黄葉も、また素敵。

d0130927_23233971.jpg

d0130927_23235312.jpg

d0130927_23265782.jpg



夏山のお花が沢山のお山も楽しいけれど、
紅葉の山登りもまた別の楽しみがありました。
安達太良山、来年の秋も会いに行きたいな~。
ご一緒いただいたkiyomixさん、ありがとうございました(^^)



▲コースタイム 約6時間(温泉休憩含む)
10:40 ゴンドラ乗り場
12:30 安達太良山 山頂(昼食)
13:10 沼の平
14:30~15:00 くろがね小屋(温泉)
16:40 ゴンドラ乗り場着



人気ブログランキングへ
[PR]
by popoki1202 | 2012-11-05 23:38 | 秋山
今年の6月下旬、初夏の安達太良山に登った。(そのときの記事はコチラ
あまりに素晴らしいお山だったので「また秋に来ようね」と、kiyomixさんとミルクさんと約束していたのだが、
ミルクさんの都合が合わず、今回はkiyomixさんとやってきた。
d0130927_1535404.jpg

郡山駅前の街路樹はすでに紅葉していて、だいぶ里まで紅葉がおりてきている様子。
お山はどうかな?と思いましたが、ゴンドラ乗り場から見るとなかなか♪
これは期待できそうです(^^) ただ、お天気が・・・。雲が多いですね~。


d0130927_153851100.jpg

d0130927_15393058.jpg

ゴンドラ山頂駅までくると、ガスで視界はほとんどなし。
でも、足元を見れば紅葉した葉っぱがちらほら。
空気は冷たくて気持ちが良いし、秋山はいいですね~。
しばし登ってくると、時折ガスが切れてきました。
あ、青空!

d0130927_15414378.jpg

d0130927_154281.jpg

日が差すと、紅葉はますます美しい。赤い葉っぱがかわいい♪

テンションもあがってきました。
眼下に広がる、黄色く染まる山と福島の町。キレイだなぁ~。

d0130927_15445037.jpg


山頂近くまでやってきましたよ。
d0130927_15464031.jpg

山頂を踏んだら、少し下の景色の良い場所でランチタイム。
最初はガスで見えなかった景色が、見えてきました♪
お~、キレイ~~。
思わず、お昼のカップヌードルもそのままに写真撮影タイム。
(↓撮影に没頭するkiyomixさん(^^) )
d0130927_1550286.jpg

東北の山らしい雰囲気。いいなぁ、この景色。
d0130927_15493931.jpg

d0130927_15495276.jpg


風が強くなってきたので、ランチを済ませたら、山頂から降りて、沼の平を目指します。
あっち(沼の平方面)は、荒涼とした雰囲気ですね~。

d0130927_15515917.jpg

d0130927_1554374.jpg

ガスは切れましたが、風が強い、強い。
手袋をしていないと、手が切れそうに冷たい。
右手を見ると、美しい彩りが広がる。ここ、キレイ~~。
d0130927_15552077.jpg

d0130927_1556953.jpg

高山植物のお花が沢山の夏山も楽しいけれど、秋山も良いものですね~。

真っ黄色の土の世界を抜けると・・・
d0130927_15571364.jpg


沼の平火口に到着!
ここ、本当に不思議な世界。ここだけ、真っ白なんですよね~。

d0130927_1601547.jpg


安達太良山、やっぱり魅力的なお山です。
ゴンドラを使えば、ラクラクだし、2000Mに満たないのに植生に変化があって面白い。
(東北の山は、良いですね~♪)

火山の一面を見られるのも、また魅力。
毎年、秋に訪れたいな~。

(安達太良山 後編に続く)


人気ブログランキングへ
[PR]
by popoki1202 | 2012-10-28 16:05 | 秋山
10月初旬、奥日光の紅葉が見頃とTVで知る。
奥日光の戦場ヶ原でも行きたいな~と思いつつ、人混みと渋滞を思うと気が進まない。
かといって、静かな山では熊さんに会うのがコワイ・・・。
そんなときは、やっぱり奥高尾。
d0130927_1573014.jpg

今回選んだのは、いつか登ってみたいと思っていた影信山。
最初は、杉林の登りが続く。空気は涼しいけれど、登り始めると暑い、暑い。
時折、お花に会えるのが嬉しい。
d0130927_1591154.jpgd0130927_1592829.jpg

d0130927_1594332.jpg

しばらくすると、気持ちの良い尾根道。
小仏バス停では、けっこう沢山の人が降りたけれど、意外にも静かな山歩き。

歩き始めて約1時間。
そろそろあの茶屋が見えてくるはず!
d0130927_15131583.jpg

d0130927_15132493.jpg

d0130927_15134510.jpg着いた~。
影信茶屋。727M!
茶屋のワンちゃんかな?かわいい♪

今回の山登り、一番の目的はこちらの揚げたて天ぷら。
その季節に採れる山菜を注文後に揚げてくれる。
これが食べたかったのよね~。
食べた事のない葉っぱもたくさん。
カラっと揚がっていて、美味~~。

目の前には広がる山並み。
たまりませんね~(^^)

d0130927_15152437.jpg
d0130927_15165134.jpg

腹ごしらえしたら、城山に向かいます。
城山方面から登ってくる人が、結構いらっしゃいました。
意外と急坂が多かったので、ここは影信から下ったほうがラクそうです。

大きなアンテナ(?)が見えてきたら、もう城山です。
城山のかき氷が美味しいと聞いたので、登りながら心のなかで「かき氷がまってる~」
と自分を励ましていたのですけれど、さすがに10月にはやっていないみたい・・・。残念。
d0130927_15195098.jpg

d0130927_15201598.jpg


城山の広い原っぱでは、休憩する人がたくさん。
寝っ転がっている人もいたりして、気持ちよさそう(^^)
d0130927_15205166.jpg



城山からは歩き慣れた、一丁平~もみじ台を経て高尾へ。
一丁平のヤマザクラ、少し紅葉し始めていましたヨ(^^) 11月末にはモミジも見頃ですね。
d0130927_15214899.jpg




高尾まで来ると、さすがに人が多い。
人混みに疲れたのと疲労で、帰りは高尾からリフトで下山。(へなちょこ健在・・・)

久しぶりの一人登山。
好きな山を歩いて、汗をかくと、嫌なことも吹っ飛びますね(^^)


 



人気ブログランキングへ
[PR]
by popoki1202 | 2012-10-28 15:29 | 秋山
黒斑山山頂に到着した我々。
山頂はそれほど広くないので、山頂すぐ下の見晴らしの良い場所で
ランチタイム。
d0130927_92343.jpg


見晴らし抜群~~(^^)
右手を見ると、さっきまでいたトーミの頭。すごい断崖絶壁!!
d0130927_925857.jpg

d0130927_942253.jpg


そして目の前には前掛山と、後ろにちょこんと浅間山。絶景ですね~。
d0130927_934231.jpg


お天気がよくて、太陽の光が暑い!
ランチを食べたら、今度は中コースで下山です。

d0130927_96849.jpg

d0130927_954919.jpg

d0130927_982030.jpgd0130927_99487.jpg

中コースは樹林帯。登ってきたコースとは違う雰囲気を楽しめます。
湿った森の中だからでしょうか。キノコをたくさん見かけました。
かわいい真っ赤な実はヘビイチゴ。

苔むした感じが、良い感じ♪

d0130927_994483.jpg


「こっちのコケと倒木は、ゴロンと寝転んだ熊っぽいね」(見えますか~?)
d0130927_912670.jpg


*カラマツも黄葉し始めています                   *ゴマナ(?)
d0130927_9144327.jpgd0130927_9145646.jpg
*タムラソウ・・アザミかと思っていました。調べたら違ったみたい(^^;)  *ハンゴンソウ?
d0130927_9164039.jpgd0130927_9242179.jpg


初秋の黒斑山ハイキング。
お天気に恵まれて、お花にもたくさん出会えて楽しい山歩きでした。
下山後は、ビジターセンター内にあるカフェでまったり。
風はすっかり秋でした。
d0130927_1154278.jpg


▲コースタイム 約4時間
9:40  黒斑山登山口
11:00 槍ヶ鞘
11:20 トーミの頭
11:40 黒斑山 山頂(ランチ)
13:30 登山口着

★その1はこちら
★その2はこちら
★2011年11月の黒斑山レポはこちら

★高峰高原 開花情報HP



人気ブログランキングへ
[PR]
by popoki1202 | 2012-09-23 11:59 | 秋山

ほとんど日常雑記


by popoki1202