かぎしっぽ通り

popoki1202.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

自然研究路から明神池に向かう途中にある「嘉門次小屋」。

d0130927_1555168.jpg

d0130927_1561547.jpgd0130927_1563968.jpg


d0130927_157563.jpgお腹も空いたことだし名物の”岩魚の塩焼き”を食べることにする。
食べてみたかったのよね~。

陣取った席の下は清流。
ちょっと分かりにくいですが、岩魚がわんさか泳いでいます。
これを食べるんだね。


d0130927_159977.jpgお兄さんが、清流の生簀から
岩魚を採って・・・。

ナイフの柄のようなもので、
岩魚を頭をガツンッ、ガツンッ。

お腹を割いて、シッポから頭まで串を刺して。

囲炉裏で、塩焼きにされます。


d0130927_15121223.jpg

d0130927_15123088.jpg

「頭から、シッポまで食べてください。」と言われて出された岩魚の塩焼き。
お値段は、1匹900円とちょっとお高いですが、食べる価値あり!
香ばしくって、身はやわらかで、塩加減もちょうどよく、今まで食べた塩焼きで
一番の美味しさでした。
なんか、上高地で一番の思い出になったかも・・・。
(要するに食いしん坊。景色より食い気??)


d0130927_15171817.jpg嘉門次小屋にあった温度計。
この時間(AM10:45)の気温、約12度。
寒いはずだね。
でも、清々しくて気持良い~。


△タイムスケジュール
10:25 明神池出発~嘉門次小屋(岩魚を食べて休憩)
10:45 嘉門次小屋出発

人気ブログランキングへ岩魚が暮らす清流っていいなぁ。
[PR]
by popoki1202 | 2010-09-30 19:47 | 秋山
d0130927_1430874.jpgd0130927_14302631.jpg

明神館の前には、真っ赤な実をつけた「カンボク」が、キラキラ光っていました。
秋色をスケッチされているハイカーの方もいらっしゃいました。

明神館から、さらに3.4KM進むと徳澤に着くんだなぁ、なんてしみじみ。
本当は、この土日にkiyomixさんと上高地~徳澤~涸沢の紅葉ハイキングに
行くつもりだったのですが、1ヶ月前にキャンセルした私・・・。
弱脚で自信が無くなってのキャンセルでした。ご迷惑おかけしてスミマセンでした。
土日、お天気に恵まれて、きっとkiyomixさんは素敵な紅葉に出会えたことでしょう♪
いつか、徳澤園にも泊まってみたいし、涸沢カールも見てみたいなぁという想いを胸に、
明神池へ向かいます。

明神館を背に歩くと、すぐに見えてくる明神橋。
静かで、梓川の流れは美しく、しばしうっとり。
d0130927_14371872.jpg

d0130927_14373788.jpg


d0130927_1441433.jpg川沿いを少し歩いて、
明神池方面へ進みます。

相変わらず、山々は雲の中ですが、雨が降らなかっただけでもラッキーというもの。

d0130927_1443362.jpg

鳥居をくぐり、しばし歩くと穂高神社奥宮が現れる。
明神池は穂高神社の神域となっているらしい。
拝観料300円を支払って、進むと想像以上の美しさ。

d0130927_14443498.jpg


d0130927_14473470.jpg


d0130927_1448986.jpg

d0130927_14483491.jpg

明神池の向こうにそびえる明神岳が、時折雲の切れ間から顔をのぞかせる。
静かで、透明度が高く、なんとも神秘的な池。
神降地(かみこうち)の明神池という名に納得。

△タイムスケジュール
 9:55 明神館出発
10:10 明神池着 散策

人気ブログランキングへ水辺は落ち着くね。
[PR]
by popoki1202 | 2010-09-27 21:07 | 秋山
上高地を訪れるのは、15年以上振り。
実家からはそう遠くないのだが、意外と行かないものだ。

この日の天気予報は、雨。
大雨覚悟で、出かけた早朝。 「あれ?降っていない。」
あぁ、晴れ女の汚名返上~♪
d0130927_12233985.jpg


霧と雲で展望は望めないだろうが、山の空気を感じながら
歩けるだけで嬉しい。

今回は、母と一緒のゆるゆる歩き。
バスターミナルから梓川沿いを河童橋方面へ歩く。
吐く息が白い。朝の気温は10度以下。
長袖+ウィンドブレーカー+合羽を着こんで、丁度良いくらい。
d0130927_12262423.jpg


平日の朝だから、夏は大賑わいの河童橋も一人占め♪
残念ながら、穂高連峰は霧と雲の中・・・。
d0130927_12264110.jpg

d0130927_12265874.jpg


d0130927_1234183.jpg上高地は標識がちゃんとあるので、歩きやすいですね。

今回の目的地「明神池」までは、約3キロ。

d0130927_12362180.jpg


d0130927_1236391.jpgd0130927_12365267.jpg

15年以上前に来た時は、小梨平キャンプ場のバンガローに泊まったんだった。
途中、小梨平を通過したとき、思い出しました。
あの頃、すでに山に興味があったならなぁ~。


d0130927_12383142.jpg


d0130927_12385778.jpg

d0130927_1248293.jpgd0130927_12484712.jpg

d0130927_12491190.jpg紅葉はまだでしたが、山の中はすでに秋が始まっていました。

赤い実や、キノコ。

木立の道は、ほんの少し秋の香り。


d0130927_1251231.jpg

d0130927_1252848.jpg河童橋から約1時間で明神館に到着。

しばし休憩をとり、明神池へ向かいます。


△タイムスケジュール
6:32 松本駅発(松本電鉄)~7:02新島々駅着
7:15 新島々発(バス)~8:20上高地バスターミナル着
8:35 上高地バスターミナル出発
8:45 河童橋~小梨平キャンプ場経て
9:45 明神館着 休憩


人気ブログランキングへやっとハイキング記事だね
[PR]
by popoki1202 | 2010-09-26 15:30 | 秋山
祖母に会いに帰省する。
いつもは長野新幹線を利用しているのだが、珍しく「あずさ」の切符を予約。
(単に安かったから。早割で30%OFFだった。)
お天気が良ければ、松本から美ヶ原でも行こうかという目論みもあった。

そんなときに限って、である。
車内でホットミルクティを飲みながら出発を待っていると、
「長野県内大雨の影響で、あずさ運転見合わせ中」の放送。
茅野から先の線路が冠水しており、見込みが立たないとのこと。

嗚呼、悲しい哉。安切符。
遅延が1時間以上にならないと、払い戻しができない。

雨はヒドクなる一方だし。あずさは、雨風に弱いし。
新幹線にしておけばよかったなぁ。
今回、珍しく文庫本も持参しておらず、暇な時間を新宿駅停車中のあずさで過ごすこと30分。

駅員に「新幹線への振り替えはしていないのか」尋ねると、
「している。」という。(なら、早くアナウンスしてほしかった~)
「長野県内の在来線は今後止まる可能性が大きいのでお勧めできない。」
と言う。
どうしよう。 我が実家は、長野駅から在来線で約45分。
さんざん迷ったが、長野新幹線で向かうことにする。
長野県内に入ってしまえば、どうにかなるだろう~(楽観的)。

というわけで、新宿→東京駅に向かい、そのまま長野新幹線で長野へ。
あぁ、新幹線は快適だなぁ。
自由席だったけれど、ガラ空き。

長野に着いたら、雨も小雨程度。 在来線もちゃんと動いていました。

d0130927_11443250.jpg”小さな旅”気分で、
車窓を撮影。
ここ姨捨(おばすて)駅は、スイッチバックで停車する、鉄道ファンにはおなじみの駅です。

たまたま停車時間が4分もあったので、下車し姨捨棚田(田毎の月)をしばし撮影~。

d0130927_11494391.jpg

善光寺平をゆったりと流れる千曲川と長閑な風景。
棚田を歩くハイキングコースもあるそうなので、今度行ってみたいなぁ。


人気ブログランキングへ →にわか鉄子?
[PR]
by popoki1202 | 2010-09-26 11:57 |

焼きたて♪

かねてより気になっていた”CLUB HARIE B-Studio”のバームクーヘン。
以前、頂きもので食べたことはあったけれど、焼きたてではなかった。
日本橋三越で、焼きたてが食べれることを知り、さっそく買ってみた。

d0130927_20325090.jpgd0130927_2033435.jpg


家に持ち帰った頃には、冷めてしまったけれど。
ふわふわで、優しい甘さ。
これは、美味しい~。
今度は、焼きたてを”はふっ”と食べてみたい。
[PR]
by popoki1202 | 2010-09-20 20:34 | 美味
ハイキングが初めてという職場の同僚の希望で、日光の霧降の滝・隠れ三滝をめぐるハイキングに出かけた。
思えば、わたしが初めてハイキングをしたのもココでした。(→初めてのハイキング記事
今回は、4回目の霧降の滝・隠れ三滝めぐり。
原点に戻る気分で行ってみよう~!

*霧降の滝
d0130927_11195892.jpg

霧降の滝入口から、徒歩10分程度だろうか。
近付いてみることはできないが、観瀑台からの景色がお見事。
よく晴れていて、遠くの山が美しい。

霧降の滝を見たら、大山ハイキングコースから、つつじヶ丘を経て
隠れ三滝めぐりへと足を進める。
木々に囲まれたハイキングコースは、涼しくて気持ちが良い。
ちょっとキツイ木の階段を降り切ると、霧降川に出る。
d0130927_112741.jpg

この霧降川沿いにゆるゆると歩くのが、この滝めぐりの醍醐味。
水の音って落ち着くなぁ。
川の水をすくって顔にかけ、火照った顔を冷やす。幸せ~。

d0130927_1130232.jpg

d0130927_1130236.jpg

*丁字ヶ滝d0130927_1133347.jpg
霧降川にかかる丸太橋を渡り、標識にしたがって進むと”ひとつめの丁字ヶ滝”に出る。

丁字ヶ滝へ向かう丸太橋で初めて他のハイカーと会ったほど、この日の隠れ三滝コースは静かな山歩き。

丁字ヶ滝は、もう少し近付くことも可能だが、先客が三脚を立てて撮影中だったことと、同行者が「足場が滑ってコワイ~」ということで、この日は少し遠目から撮影。 (遠目といっても、かなり近い!)

隠れ三滝の魅力は、なんといっても滝に近づけること。

やっぱり好きだな~、ここ。



*玉簾滝d0130927_11432711.jpg
しばらく川沿いに歩くと、すぐに見えてくるのが
”ふたつめの玉簾滝”だ。

こちらも、靴が少々濡れるのを気にしなければ、かなり近くまで行ける。

今回は、同行者が普通のスニーカーだったので、ここも少し遠目から。
それでも、十分楽しめる。

紅葉の時期には、青空と紅葉が滝によく映えて美しかったのを思い出す。(→秋の隠れ三滝めぐり記事

玉簾滝を背に、最後の登り坂を登りきると、
”マックラ滝”に向かう広場に出る。
ここで、しばし昼食休憩をとり、
”みっつめのマックラ滝”へ。

川沿いの空気は涼しく、半袖では肌寒いほど。
この日の東京の気温は34度というから、驚きだ。


*マックラ滝
d0130927_11511540.jpg

d0130927_1151347.jpg

d0130927_11544065.jpgミストが風に乗って降ってくる。
これぞマイナスイオン。

ちょうど陽が射して、ミストがキラキラと光っているのが美しい。
今まで訪れた中で、いちばん濡れた気がする。

滝好きにはたまらない”隠れ三滝めぐり”。
季節を変えて、また訪れたい。


▲コースタイム 約3時間45分
9:16  東武日光駅着~(バス 9:31発)霧降の滝入口
9:45  霧降の滝へ
10:00 大山ハイキングコース入り口~つつじヶ丘~丁字ヶ滝~玉簾滝
12:30 マックラ滝入口(昼食)
13:00 マックラ滝
13:30 バス停 隠れ三滝入口

▲ハイキング後の立寄り
日光は10年ぶりという友人の希望で「日光東照宮」へ。 (ワタシ、行ったばかりよ・・・。)
d0130927_1242549.jpgd0130927_1243846.jpg


d0130927_1252191.jpgこれまた、友人の希望で「日光 天然のかき氷」。
こんな時期に、今年初のかき氷。
ふつうの氷と違って、すこしフワっとしていてすぐとけちゃう。美味しゅうございました!

いつも山登りのときは、山登りだけということが多いので、珍しく観光付きハイキングに。

同行者は、初めてのハイキングけっこう刺激的だったようです。
「ここは初心者コースじゃない~」と叫んでいました。
そうそう、私も初めて行ったときはそう思ったよ。
いまでは、軽々と歩けるようになったということは、へなちょこなりに成長していたんですね。



人気ブログランキングへ →登山じゃなくて滝めぐりだね
[PR]
by popoki1202 | 2010-09-12 12:13 | 夏山

KUMO 2010.8.29

暑かった先週末。(今週末も暑いですが・・・)
サルスベリが青空に映えます。
でも、そろそろ秋の空気になってもいいのではと思う日々。
d0130927_13425668.jpg



夕方、ふと空を見ると変な雲。
d0130927_13442233.jpg


急いでカメラを持って外へ出る。
これって、いわゆる「地震雲」っていうやつじゃないだろうか。

もっと見えるところへ移動して見てみよう。

d0130927_13463444.jpg


縦に走っていた雲が、横へ流れていき薄くなっている。
ほんの数分で空って変わるんだ。

人気ブログランキングへ これもハイキングじゃないね。
[PR]
by popoki1202 | 2010-09-04 13:48

ほとんど日常雑記


by popoki1202