かぎしっぽ通り

popoki1202.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

無意識の必然?

d0130927_1653143.jpg


猫のお話ではありません。
スピリチュアル系のおはなしは苦手という方は読み飛ばしてくださいね。

More
[PR]
by popoki1202 | 2011-03-26 09:58
ときどき拝見させて頂いているブロガーさん(ご飯と器のsummergirlさん)のところで
力強いメッセージを頂きました。
その詩をコピペしたものです。
====================================-=============

日出る国の民たちへのメッセージ


 日本よ

 日本の民よ

 日出る国の民たちよ



 地震多き 原発多き 島国にて

 まるで龍神の背の上で暮らすかのごとき

 暮らしを選んだ勇気ある民たちよ

 



 見たこともない すさまじき 未曾有の試練を

 意識もしない魂の底で

 実は受け入れていたあなたたちよ

 あなたたちの 誇り高さを称えます

 大変な犠牲もありましたが 

 その者たちも 瞬時に光となり

 さらなる被害を食い止めようと全力で働いています


 まだ肉体ある あなたたちが

 そんなことで どうするのです


 恐怖の連鎖に飲み込まれてはなりません

 怖れや不安や緊張やパニックに便乗してはなりません


 あなたたちは なんのために

 今まで長い時間をかけて自分のことを癒して来たのですか

 沢山の内なる浄化を続けてきたのですか

 なんのために眠れる力を目覚めさせてきたのですか

 沢山の人に助けられて来たのですか

 集団の祈りの力を 信じれるようになってきていたのですか



 今 

 今のためであった

 それを感じるでしょう



 不吉な予言の奥を見なさい

 そうならないようにするために予言はある



 今こそ



 祈りなさい

 歌いなさい

 手をとりなさい

 力をあわせなさい


 政治的な大事な決断する人の意識に届くように

 ガレキの奥で助けを求めてる人を 
 誰かが偶然のごとく見えない力に導かれて見つけ出すように

 原子炉がなんとかもちこたえるように

 風向きが最も被害少なき方向へ流れるように

 救助しやすき天気になるように


 
 地震前のあなたたちの俗っぽい悩み

 全て ぶっとんだであろう

 いつもと変わらぬ毎日 

 全て くつがえったであろう


 政治批判をしてきた者よ

 衣食住が今まであっただけでも なんとありがたき政策か

 電気のありがたさ

 ガスのありがたさ

 水のありがたさ

 屋根ある家のありがたさ

 身に染みたであろうぞ



 今 体調が悪い者よ

 誇りなさい

 あなたたちは自分の身体を使い

 被害の何兆分の一かでも

 身をていして

 引き受ける勇敢な者たちなり



 たった一日で

 全員が真実をみたな

 そう

 ほんとうに大事なのは 

 生きること 

 できれば大事な人たちと

 できれば少しでも多くの人たちと

 生きて笑えること 笑いあえること それだけだな


 
 連絡が滞ってた人に連絡をしたであろう

 大嫌いだった人の安否も気になったであろう


 そう あなたたちは 愛のかたまり

 いつだって ほんとは そうであった

 思い出して 

 あなたたちは

 自殺したい時であろうが

 誰かを殺したい時であろうが

 いつだって

 愛そのものであったことを

 
 

 日出る国の民よ

 あなたたちは集団覚醒した

 それぞれが

 微力であろうとも

 それが重なり合えば

 まばゆき光となりき

 強大な熱を持ち

 エネルギーとなり絶大なるパワーを放つ




 届かせよ


 できるだけ遠くまで


 祈れよ


 感じるままに



 最大の窮地

 それぞれが

 それぞれに

 限界だと思う もうちょっとだけ先まで

 どうか持ちこたえよ



 今こそ あなたたちが望んだ世界がはじまるのだ


 見届けよ


 最後の一人となろうとも




 大和魂 復活の時きたれり


 一人でも多くの手をとれ


 サポート多きあることを 


 信じなさい




 われわれも


 共にゆかん




 天岩戸は開かれた




 日本よ


 日本の民よ


 日出る国の民たちよ



 世界を照らす



 地球を照らす 
[PR]
by popoki1202 | 2011-03-21 11:05

今日

地震から1週間、なんとなく落ち着かない日々を過ごしました。
そんな私の雰囲気を強く感じとったのでしょう。
乙女も、なんとなくそわそわ。

余震がくると、すっ飛んできます、もしくは寝室に走って行き、
布団で待機します。
えらい、えらい、避難できているね。
d0130927_18343642.jpg


地震のあった日、5時前に会社を出て、徒歩で帰宅しました。
ヒールで2時間半。
日常なら足が痛くなってもおかしくないですが、変な興奮(恐怖、不安)と
「乙女ちゃん、待っててね!」という気持ちからか、不思議とそれほど足は痛くなかったです。

今週は、月曜は元々有休を取っていた日だったので、そのままお休みし、
火曜は自転車で早朝出勤。水、木は、電車で出勤。
ちょうど仕事の締切だったので、自宅待機組には入らず、仕事に追われましたが、
かえって良かったかもと。
今日は、自宅待機組(節電のため)。乙女と過ごせてよかったです。

d0130927_1841852.jpg


乙女も、少しずつ遊ぶ気分も出てきたみたいで、ほっ。

現実を受け入れて、悲観的なものに流されず、目のまえのこと、できることをやろう!
と思った今日でした。
[PR]
by popoki1202 | 2011-03-18 18:47 |
今週末は、山かランニングと決めていた。
どうしようかな、少し寝坊してしまったしと思ったのだが、一人高尾山に決定!

良いお天気♪ 青空ですね~。
d0130927_19454598.jpg


いつもの稲荷山コースで、奥高尾のもみじ台を目指す。
気持ちの良い尾根歩き。
陽射しがやわらかく、まるで春のよう。
d0130927_19465631.jpg


登り始めて30分、稲荷山の山頂に到着。
遠くまでよく見えますね~。
d0130927_19482494.jpg


ここから少しアップダウンを繰り返しながら、奥高尾まで一気に登る。
ひとりで歩く山道は、すこし早足になりがち。
今日は、ゆっくりスローペースを心がけた。
時々、ふわ~っとやわらかい風が吹いてきて気持ちが良い。

d0130927_19503435.jpgもみじ台の細田屋さんで、
「なめこ汁」をいただく。
昨年末に訪れたときは、食べれなかったので嬉しい~。
目の前には、丹沢方面の山々。
ぽっかぽかで、幸せ~~。


d0130927_1951779.jpgd0130927_19512473.jpg

d0130927_19591221.jpg

午前中だったら、富士山が見えたかもしれませんね~。
暖かったので、山が見える日向では寝転がって昼寝している人もちらほら。
気持ち良さそうでした。


下りは、6号コースで。
まだ春の花には出会えませんでしたが、やっぱり山っていいなぁ。
歩いていると、ほんと日常のくよくよしたことが消えていくようです。

もみじ台の山桜の木は、新芽が赤くなってきていました。
来月あたり、咲きそうですね!
またその頃、訪れよう。

▲花粉!花粉!
心配していたスギ花粉。
後半は、鼻水がずるずると。でも、思ったより大丈夫でした。
帰宅したら、目がかゆくなったけれど。
すぐにお風呂に入って全身洗浄!!

▲コースタイム 約3時間
稲荷山コース~もみじ台~6号
11:45 高尾山稲荷山コース入り口
12:20 稲荷山 山頂
13:00~13:20 もみじ台(昼食)
14:40 6号を経て高尾山入口到着


人気ブログランキングへ
[PR]
by popoki1202 | 2011-03-05 20:08 | 春山

ほとんど日常雑記


by popoki1202