かぎしっぽ通り

popoki1202.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

d0130927_1716371.jpg


両親と妹夫婦の工房 「工房 木音(もくね)」が、多摩くらふとフェア2012に出展します♪

工房木音(もくね)では、カトラリー(すべて木製)を中心とした作品を
すべて手作りで作っています。

ヤマザクラから作ったスプーンは、口当たりがよく、使うほど味がでるので
リピーターが多いのです(^^)

赤ちゃん用にオイル仕上げのスプーンも作っていますが、
お子さんのファーストスプーンにと買っていかれたお客様が、
数年後、今度は自分用のスプーンを買いに来てくださったり。

クラフト展では、いつも嬉しい出会いがあります。

d0130927_1716527.jpg


今回は、木音としては初めて東京でのクラフト参加となります。
私も、顔を出そうと思っています(^^)

東京近郊にお住まいの方で、クラフトに興味のある方
お散歩気分で、遊びに来てくださいね!

●多摩くらふとフェア2012
2012/10/7(日)、10/8(祝) 雨天決行
多摩市 多摩中央公園で開催

【電車でお越しの方】
京王線・小田急線・多摩モノレール 多摩センター駅下車徒歩5分
■京王線・京王新線(都営新宿線乗り入れ)
・新宿駅から特急、調布駅から急行利用で約30分
・新宿駅から急行「橋本」行き直通約35分、快速「橋本」行き直通約40分
・調布駅から「橋本」行き約15分、橋本駅から調布方面行き約15分 
■小田急線(東京メトロ千代田線乗り入れ)
・新百合ヶ丘駅から「唐木田」行き約15分
・表参道駅から多摩急行「唐木田」行き直通約40分
■多摩モノレール
・立川南駅から「多摩センター」行き22分

★多摩くらふとフェアのホームページはこちら

---------------------------------------------------------------------------------
工房木音(もくね)の作品を扱っているShopは下記となります。(2012.9月時点)

八ヶ岳倶楽部(山梨県)

ギャラリー作る屋(長野県・上田市別所温泉)

■ギャラリーぬく森(長野県・安曇野市穂高)

■上高地清水屋ホテル(長野県・上高地)

■Gallery Crafts お花文庫(滋賀県・長浜市)




人気ブログランキングへ
[PR]
by popoki1202 | 2012-09-30 17:29 | 木音(もくね)
黒斑山山頂に到着した我々。
山頂はそれほど広くないので、山頂すぐ下の見晴らしの良い場所で
ランチタイム。
d0130927_92343.jpg


見晴らし抜群~~(^^)
右手を見ると、さっきまでいたトーミの頭。すごい断崖絶壁!!
d0130927_925857.jpg

d0130927_942253.jpg


そして目の前には前掛山と、後ろにちょこんと浅間山。絶景ですね~。
d0130927_934231.jpg


お天気がよくて、太陽の光が暑い!
ランチを食べたら、今度は中コースで下山です。

d0130927_96849.jpg

d0130927_954919.jpg

d0130927_982030.jpgd0130927_99487.jpg

中コースは樹林帯。登ってきたコースとは違う雰囲気を楽しめます。
湿った森の中だからでしょうか。キノコをたくさん見かけました。
かわいい真っ赤な実はヘビイチゴ。

苔むした感じが、良い感じ♪

d0130927_994483.jpg


「こっちのコケと倒木は、ゴロンと寝転んだ熊っぽいね」(見えますか~?)
d0130927_912670.jpg


*カラマツも黄葉し始めています                   *ゴマナ(?)
d0130927_9144327.jpgd0130927_9145646.jpg
*タムラソウ・・アザミかと思っていました。調べたら違ったみたい(^^;)  *ハンゴンソウ?
d0130927_9164039.jpgd0130927_9242179.jpg


初秋の黒斑山ハイキング。
お天気に恵まれて、お花にもたくさん出会えて楽しい山歩きでした。
下山後は、ビジターセンター内にあるカフェでまったり。
風はすっかり秋でした。
d0130927_1154278.jpg


▲コースタイム 約4時間
9:40  黒斑山登山口
11:00 槍ヶ鞘
11:20 トーミの頭
11:40 黒斑山 山頂(ランチ)
13:30 登山口着

★その1はこちら
★その2はこちら
★2011年11月の黒斑山レポはこちら

★高峰高原 開花情報HP



人気ブログランキングへ
[PR]
by popoki1202 | 2012-09-23 11:59 | 秋山
登山口をスタートして約1時間、槍ヶ鞘に到着!
ここからの景色がまた良いのです(^^)

d0130927_21504157.jpg

目の前にど~んとそびえているのは、前掛山。
ここからだと見えないけれど、前掛山の真後ろに浅間山があるのです。
裾野の緑グラデーションが美しい~。 ほれぼれ、です。

しばし景色を堪能したら、左手の急坂を登っていきますよ~。
d0130927_21492134.jpg


d0130927_215249.jpg

遮るものがないから、日差しが強い~。
じっくり登っていると、意外とあっという間にトーミの頭に到着。
足がすくみそうな切り立った頂上から見る前掛山!
d0130927_21532857.jpg


眼下に広がる湯ノ平高原がまた美しい。
前掛山の登山道もくっきり見えますね~。

ここが黒斑山の山頂だと思っていたミルクさん。
お弁当を広げようとしていましたが、黒斑山はさらに20分程歩きますよ~。
気を取り直して、また登ります(^^)
この登山道も、お花がたくさんで楽しい。

*トリカブト                                *オヤマリンドウ(これから見頃のようです)
d0130927_21561739.jpgd0130927_21564189.jpg



着きました、黒斑山! 2404Mなり!
d0130927_21592331.jpg


その3に続く

★その1はこちら

★2011年11月の黒斑山レポはこちら




人気ブログランキングへ
[PR]
by popoki1202 | 2012-09-18 20:00 | 秋山
ミルクさんから「連休が取れそうだから、どこかお山に行かない?」と嬉しいお誘い。
そろそろ秋の気配を感じれるお山に行きたいね~ということで、
日帰りで行ける2000M級のお山で、割とラクチンなコースという希望の中から
黒斑山に行くことにした。

天気予報では、曇りのち雨だったけれど、なかなかのお天気!
高峰高原ホテルの駐車場からは、この展望(^^)
雲海の向こうに八ヶ岳のお山と富士山も見えます~。
d0130927_1612348.jpg

d0130927_1613164.jpg


登山口脇には、初秋のお花もたくさん♪
テンションあがりますなぁ~(^^)

*ヤナギラン(ほとんど終わり)                 *オヤマリンドウd0130927_16144185.jpgd0130927_16145749.jpg
*マツムシソウ                             *ツリガネニンジン
d0130927_16152037.jpgd0130927_16154250.jpg
*ハクサンフウロ
d0130927_16161421.jpg


ビジターセンターでトイレを済ませたら、さっそく出発!
以前来たときと同じように、表コースで登り、中コースで下ります。
d0130927_16224554.jpg

d0130927_16251863.jpg


*ヤマハハコ                             *シラタマノキ
d0130927_162626100.jpgd0130927_162792.jpg

d0130927_16272971.jpg気持ち良いカラマツの林をのんびり登って行きます。

足元には、ヤマハハコの群生とシラタマノキが広がっています。

このシラタマノキは、槍ヶ鞘に続く登山道脇でたくさん見かけました(^^)
白い玉がほんとシラタマみたいでかわいい♪



カラマツの林や、赤土の道、火山礫の道など、バラエティ豊かなお山。
時々展望が開けて、遠く八ヶ岳方面を望めるのが嬉しい。

d0130927_16324516.jpg

d0130927_16325710.jpg


黒斑山、高山植物が豊富なのも花を愛でる山登りが好きな私には、とっても魅力的。
*アキノキリンソウ                           *ウスユキソウd0130927_1933956.jpgd0130927_1941374.jpg
*イワインチンd0130927_1955984.jpgd0130927_1952945.jpg

槍ヶ鞘に続く急坂の脇には、ゴゼンタチバナの赤い実が(^^)
お花には何度もお会いしていたけれど、実は初めて。

先月登った八ヶ岳では、ゴゼンタチバナの花に会ったばかりだったので、
こちらではすでに実になっていたからびっくり。こっちの方が秋が進んでいるのかしら。
d0130927_199525.jpgd0130927_19103298.jpg

d0130927_19121318.jpg標高があがってくると、少しずつ秋らしい風景にも出会えます。

登っていると暑いけれど、風は冷たくて気持ち良い。

やっぱり高い山は、いいなぁ~。


急坂を登っていると、急にぱっと視界が開けます。
d0130927_1915239.jpg


お~~、目の前に前掛山(後ろに浅間山)がど~~ん。
初めて、前掛山を目にしたミルクさんのテンションもあがっていました(^^)
ふふふ。この景色、見せたかったのよね~。

その2に続く

★2011年11月の黒斑山レポはこちら



人気ブログランキングへ
[PR]
by popoki1202 | 2012-09-17 19:17 | 秋山

夏と初秋のあいま

d0130927_2032190.jpg


まだまだ日中は暑い日が続く。
空を見れば、入道雲もくもく。 夏空ですね。

ベランダの植物たち。
夏に負けず元気に過ごしています。
d0130927_1622178.jpgd0130927_16221866.jpg




「秋はまだか」と待ちわびていますが、朝晩は少し涼しくなって過ごしやすくなりましたね。

いつものスーパーでコスモスとワレモコウの切り花を見て、思わず手に取りました。
d0130927_16234970.jpg



はやく爽やかな秋を感じたい~。
[PR]
by popoki1202 | 2012-09-11 19:00 | 花緑
北橫岳の登山口でのこと。(登る前)
坪庭の石に座ってスケッチをされていたご婦人に出会いました。

「北橫岳にいかれるの?」と話しかけられ、わたしが一人で来ていると知ると、
「わたしも登ってみようかしら」と。
途中まではご一緒させていただき、それぞれマイペースに登りました。

私の方が先に登ってしまったので、どうされたかなぁ~と思っていたのですが、
北橫岳の頂上でまたそのご婦人と再会し、縞枯山荘のお話を聞きました。
蓼科の別荘で夏を過ごされているというそのご婦人は、
昨日は縞枯山荘でゆっくりコーヒーを飲みながらスケッチをして過ごされたのだとか。
d0130927_8311911.jpg

「とっても、ゆったりしていて、素敵でしたよ。 ほら、あそこが縞枯山荘。」と
指先をたどると、青い屋根がちょこんと見えました。

下山したら行ってみます!と手を振り別れ、実は密かに憧れていた縞枯山荘へ
向かいました。

にぎやかな坪庭を抜けて。縞枯山荘に向かう木道を進みます。
この木道、トンボがたくさん飛んでいて、トンボと一緒に歩きましたよ(^^)
d0130927_8331514.jpg


すると、見えてきました♪ かわいい青いとんがり屋根。
d0130927_834311.jpg


テラス席が空いていたので、ここでランチタイムとします♪
d0130927_8383215.jpg

d0130927_839342.jpgd0130927_8393558.jpg

珈琲とぜんざいを頂きました。
このぜんざいが、また美味~~。お餅がかりっとしていて、栗入り(^^)
小屋の方も、とても感じがよくて、ほっこり。
これから行こうと思っている縞枯山について伺うと、「雪のないときは登ったことがない」と笑う。
冬は険しい岩の道も雪で覆われるから、冬のほうが登りやすいよ、と。
楽しくおしゃべりしていると、一本道を北橫岳で出会ったご婦人がやってきました(^^)
「またお会いできましたね。」と、しばし楽しい時間をご一緒させていただきました。
こういうの、良いものですね~。

一人で山歩きって、寂しいかなと思うけれど、意外と楽しいもの。
「ひとりだと、気ままに、自分のペースで楽しめていいものね。」と
ご婦人も笑っていらっしゃいました。

山小屋泊ってしたことがないけれど、いつか泊まることもあるのかなぁ~。
縞枯山荘、小屋の方の雰囲気といい、とっても気に入ってしまいました(^^)
d0130927_8432661.jpg


小屋の前に、かわいいお地蔵さん。
d0130927_8483385.jpg


雨池まで行くというご婦人と別れて、私は縞枯山へ向かいます。
d0130927_8512486.jpg


・・・ところが、岩ゴロゴロの急坂。お天気も怪しくなってきました。
バスの時間のこともあるし、どうしようと小休止しながら考えましたが、
縞枯山はパスして、戻ることにしました。

縞枯山荘が見えて、ほっ。
前を歩いているのは、出会ったご婦人。どうやら、雨池行きをパスされたようでした!
d0130927_853436.jpg


あれれ、だいぶ雲が黒くなってきましたよ。
ガスも広がってきました。山はパスして正解だったかもしれませんね。
d0130927_8544668.jpg

d0130927_855070.jpg


坪庭まで戻ってきました。
ロープウェイの時間まで、お花散策。
*アザミ                              *ホタルブクロ
d0130927_8564992.jpgd0130927_8572335.jpg

d0130927_8572963.jpg *ハクサンフウロ

d0130927_859868.jpg


北八ヶ岳、急に思い立ってやってきた山でしたけれど、素敵なお山でした。
なんとなく、秋や初冬の静かな時期に来たくなるようなお山。
名前をかわすほどでもないけれど、山で少しだけ同じ時間を過ごさせて頂いた出会いも
楽しい出来事でした。


▲コースタイム 約5時間
9:15  八ヶ岳ロープウェイ 坪庭
10:05 橫岳ヒュッテ
10:30 北橫岳山頂
11:15 坪庭着
11:40 縞枯山荘 (ランチ)
12:50 坪庭着
13:00 八ヶ岳ロープウェイ

縞枯山荘
トイレもお借りしましたが、バイオトイレで快適でした!
これなら、山小屋泊もできそう~と思いましたよ。


人気ブログランキングへ
[PR]
by popoki1202 | 2012-09-08 09:09 | 夏山
東京に戻るついでに山登り寄り道をすることにした。

浅間山方面にしようか、上高地に寄るか?
色々考えたけれど、初めての山というのもいいかなと、行き先を北八ヶ岳に決めた。

茅野駅から見た八ヶ岳方面は厚い雲。
展望は期待できそうもないけれど、とりあえず行ってみましょう。

茅野駅からバスで約1時間。
八ヶ岳ロープウェイで一気に2233Mに到着。
青空が覗いています。いい感じ♪♪

d0130927_13463634.jpg

d0130927_1241292.jpg


本日のルートを確認して、溶岩ごろごろの坪庭を歩きます。
d0130927_1234219.jpg

d0130927_126750.jpg

北八ヶ岳って、森というイメージがあるけれど、なるほど。
シラビソが目立ちますね。
北八の特徴、縞枯現象も見えます。

坪庭には、高山植物がちらほら。
イワカガミの葉っぱをたくさん見かけたから、初夏に来るとお花もたくさん楽しめそうですね~。

*マルバタケブキ(?)d0130927_126368.jpgd0130927_1265296.jpg

実をつけた植物もちらほら。残念ながらお名前がわからず・・・。
d0130927_12102590.jpgd0130927_12104676.jpg

坪庭を10分程歩いたら、北橫岳方面の登山道に入ります。
展望のない森の中を、けっこうじっくりと登っていきます。
d0130927_12153662.jpg


時々、展望が開けるので、嬉しい(^^)
d0130927_12181664.jpg

d0130927_1218595.jpg

だいぶガスがあがってきました。
少しペースをあげて登ります!

お花の季節はほとんど終わりのようで、あまり出会えませんが、
時々、可愛いお花に会えると、嬉しい♪

*ゴゼンタチバナ(まだ咲いていました♪)              *アキノキリンソウd0130927_12195067.jpgd0130927_12204075.jpg

*オンタデ                              *タカネヤハズハハコ(?)

d0130927_12202242.jpgd0130927_12222248.jpg



想像していたより、岩ゴロゴロの急坂を登ったら、北橫岳ヒュッテに到着!
しばし小休止したら、七ツ池を見に行ってみます。
d0130927_12344636.jpg

d0130927_12383119.jpg


北橫岳ヒュッテから北橫岳山頂までは約15分。
じっくり登って行くと、森林限界に出ました。気持ち良い~~。
雲が厚くて展望は・・・イマイチ(^^;)
でも、雲海が見れるのも結構好き。雲の向こうに、ちょこんと見えるのは南アルプス??
d0130927_12415630.jpg


山頂と思っていたのは、山頂ではなかったことが判明し、
北橫岳の山頂を目指します。 あった、山頂!
d0130927_12475740.jpg


山地図で、山頂からの血の池展望が美しいと書いてあったので
血の池を探してみました。
あ、あれかな? 見つけたので満足。
d0130927_12574423.jpg


遠くに見える縞枯山荘目指してゆっくり下って行きましょう。

d0130927_13581434.jpg


▲コースタイム
9:15  八ヶ岳ロープウェイ 坪庭
10:05 橫岳ヒュッテ
10:30 北橫岳山頂
11:15 坪庭着


人気ブログランキングへ
[PR]
by popoki1202 | 2012-09-02 13:59 | 夏山
さて、帰省3日目。
今日は家でのんびり過ごして、母の手伝いでもと思っていたら、
朝ご飯を食べながら、父が連れて行きたいところがあると言う。

父と二人きりで出かけるのは、ほとんどないことで、
もしかしたら車の免許取りたてのときの運転練習以来かもしれない。(20年前!!)

たまには父孝行もいいかもしれない。
父の運転でドライブにでかけることにした。

向かった先は、軽井沢のさらに先、群馬県碓氷峠。
高速道路を使えばあっという間につくけれど、一般道で寄り道しながら
ゆっくり行くのが好きな父。
山里の峠をいくつも越えて、ひた走る。

d0130927_1672869.jpg

d0130927_1685533.jpg小諸まで来たところで、昼食。
感じの良いお蕎麦屋さんを見つけて
入ってみた。

付け合わせが、野沢菜漬けなのはさすが信州。
お蕎麦も美味しゅうございました♪

おなかがいっぱいになったら、軽井沢を抜けて、
旧道で碓氷峠へ。


いろは坂顔負けの、くねくねカーブをいくつも曲がって・・・。
煉瓦の橋が見えました。車から降りて歩いてみます。

d0130927_16101223.jpg

d0130927_16195372.jpg

d0130927_16201480.jpg

かつてのアプト式鉄道時代の廃線敷を利用して、横川駅~熊ノ平駅の間の
約6kmが遊歩道になっているのだとか。
少しだけトンネルを歩いてみましたが、ひんやり涼しくて夏にはいいかも。
(少しコワイ気もしますが。人がすくなかったので、そう感じたのかも。)

さらに車で峠をくだっていくと、めがね橋に到着。
お~!これは素晴らしい~。
d0130927_16233638.jpg

d0130927_16235254.jpg

「以前この前を車で通って、見せたかったんだ」 と父が笑う。
うん、うん。すごいよ、ここ。ありがとう。


目的を達した我々は、あとはまたゆっくり
一般道で帰るのみ。

軽井沢で美味しいパンやさんに寄り道したり、浅間山がよくみえるサンロードをドライブして、道の駅で楽しんだり。

20年ぶりの父とのドライブは、
意外にも楽しく、父も嬉しそうだった。

たまにはこういうのも、いいものですねぇ。




人気ブログランキングへ
[PR]
by popoki1202 | 2012-09-01 09:00 | 帰省

ほとんど日常雑記


by popoki1202