かぎしっぽ通り

popoki1202.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

とりあえず、コースタイム通りに登るという目標は果たせた”へなちょこ隊”
とにかく、お腹が減って、減って。
今回は、もうひとつ目的があったのでした。

d0130927_1420239.jpg

それは、、信玄茶屋さんで、けんちん汁を頂くこと!
初めて陣馬山に登ったときに、やはり信玄茶屋さんで頂いてとっても美味しかったので、
ミルクさんにも食べさせたくって(^^)
何度か陣馬にはやってきたのですが、タイミングが合わず、いつも信玄茶屋さんが
閉まっていて、2011年の冬以来です! やった~、今日は開いてる~。
いそいそと向かい、メニューを見ると・・・。あれれ、今の時期は「けんちん汁」はやっていないみたい。
でも、「なめこ汁」がある!!
d0130927_1425636.jpgd0130927_14251642.jpg

というわけで、なめこ汁と食後に柚子シャーベットを頂きました(^^)
大汗かいた体に、なめこ汁がしみわたる~~。うんまい!
こちら、自家製お味噌を使っているそうで、本当に美味しい。
柚子シャーベットも、さっぱりしていて、うんまいです。

d0130927_14271189.jpg

d0130927_14272493.jpg

この日は雲が多くて、展望は望めませんでしたが、山の風は冷たく
気持ちがいい(^^)
ランチタイムをゆっくりとって、しばし山頂でぼ~~。

だいぶゆっくりできたし、そろそろ下山しましょうか~。
帰りは、栃谷尾根コース。
d0130927_14301625.jpg


下りは苦手ですが、がんばってミルクさんについて行きます!

山頂近くに咲いていたツリガネニンジン。かわいい(^^)
d0130927_14341938.jpg

d0130927_14315897.jpgd0130927_14363285.jpg

d0130927_1432896.jpgd0130927_14322372.jpg

濃いピンクの花はツリフネソウ。栃谷尾根コース途中で群生していました。
ヤマホトトギスは、ちらほらと。御岳山のほうが多くみれたかな。

ぐんぐん下って、自分としては結構良いタイムなのではないかと思ってました。
山並みがキレイ~。晴れていれば富士山も望めるのですが、あいにく雲の中~。

お茶の段々畑に出れば、あとは塗装道路をくだるのみです。
d0130927_14401231.jpg

d0130927_1442428.jpg

d0130927_14422876.jpg




d0130927_14443349.jpg

彼岸花やコスモスが咲く、長閑な里山を歩いて、登山口に戻ってきました!
さて、タイムのほうはどうでしょうか~。(わくわく!)

「1時間10分のコースを、1時間20分でした・・・。10分オーバーです・・・」
ま、まずまずではないでしょうか~。

「でもね。」とミルクさん。
「わたしたち、かなり頑張ってスピードあげて歩いたでしょう。
それでやっとコースタイムに追いついたということになるんです。」

た、確かに。
自分のラクなスピードであると、どんだけ遅いんだ!ということですね。

とりあえず、今回のコースタイム通りに歩く会は成功したと言ってもいいのでしょうか。
次の目標に向かって、また楽しみながら頑張りましょう~~。


d0130927_14481679.jpg

↑駅から見える、山のラブレター(いつも気になる)
「緑のラブレター」という彫刻作品らしいです。

▲コースタイム (約5時間)
10:20 JR藤野駅~10:50 陣馬山登山口~一ノ尾根コースにて
12:30 陣馬山 山頂(ランチ)
13:30 陣馬山 山頂~栃谷尾根コースにて 14:50 登山口着
15:20 JR藤野駅着



人気ブログランキングへ
[PR]
by popoki1202 | 2013-09-29 10:00 | 秋山
とりあえず、駅から登山口までは、コースタイム通りに歩けた我々。
ここからが、登山本番です!

d0130927_13392528.jpg

9月末だというのに、暑い!木陰に入ると、心地良い涼しさ。
初秋に陣馬に登るのは初めてなので、ちょっと楽しみ!


登山道には、どんぐりがいっぱい!   カシワバハグマ?
d0130927_13405463.jpgd0130927_13411261.jpg

ノコンギク(あちこちに咲いています) オトコエシ??
d0130927_13412492.jpgd0130927_13413774.jpg

高尾と比べると、お花は少なめですが、何しろ人が少ない!
静かな山歩きをしたいときは、陣馬がいいですね~。
サクサクと歩いていたら、目の前に杉の木が倒れています!
台風の影響でしょうか~・・・。
d0130927_1349341.jpg

d0130927_13502480.jpg

d0130927_13503939.jpg

広葉樹の明るい林から、杉などの針葉樹の林へ。
そんな道を繰り返し歩けるから、楽しいです。(針葉樹ばかりだと飽きちゃう)
一ノ尾根コースという名前がついているくらいなので、
それほど急な登りはありません。いたって歩きやすいです。
なのに・・・・。なのに・・・。なぜか、遅れ始めるわたくし。
ダラダラ登りに息があがります。

d0130927_13541174.jpgd0130927_13543179.jpg

それでも、歩き続ければ山頂は近くなるのです!(自分を励ましている・・・)
山頂近くになると、こちらのお花を沢山みかけました。
シモバシラというお花なんだとか。冬にみるシモバシラとは違う植物なのでしょうか~?

山頂へ続く長い階段を登りきったら!
d0130927_1358790.jpg

はい! 山頂です!

d0130927_13585156.jpg

d0130927_1359960.jpg


▲コースタイム
10:20 JR藤野駅~10:50 陣馬山登山口~一ノ尾根コースにて
12:30 陣馬山 山頂

コースタイムだと、登山口~山頂が1時間40分
まさに、ちょうどピッタリの時間で登ることができました!!
バンザ~イ!


人気ブログランキングへ
[PR]
by popoki1202 | 2013-09-28 14:05 | 秋山
夏の栗駒山登山で、大幅にタイムオーバーをしてしまった”へなちょこ隊”

タイムキーパーにミルクさんを任命し、普段の低山でもコースタイム通りに
歩けるよう訓練することにした。

今回行き先に選んだのは「陣馬山」
標高854.8Mの、晴れていれば富士山を望めるお山。
d0130927_10442515.jpg

陣馬山へのコースはいくつもあるけれど、連休中日で高尾は混雑しているだろう
ということで、いつもの「一ノ尾根コースで登って栃谷尾根コースで下る」
ぐるっとコースにした。(前回の陣馬山は2013.2月
私は5回目のこちらのコース、ミルクさんは2回目である。

▲コースタイムおさらい 計 約3時間50分コース
JR藤野駅~登山口(30分)
一ノ尾根コース :登山口~陣馬山 山頂(1時間40分)
栃谷尾根コース:陣馬山 山頂~登山口(1時間10分)
登山口~JR藤野駅(30分)


JR藤野駅を出発して、登山口までは約30分。
道路脇には、秋の花が溢れていて気持ちがいい~~。
d0130927_10485630.jpg

彼岸花がちょうど見頃で、あちこちに鮮やかな赤い花。
蝶々も多く飛んでいました(^^)
(この黒い蝶は沢山見かけました。オナガアゲハ?クロアゲハ?大きくて、ちょっとコワイ・・・)

d0130927_1052489.jpgd0130927_10525673.jpg

d0130927_10531329.jpgd0130927_1053246.jpg

この日は、暑さがぶり返したようなお天気。
登山口に着く前から、汗だくです(^^;)
道路脇を流れる川がキレイで、気持ち良さそう~。
d0130927_10565456.jpg



住宅の並ぶ坂道を登りきったら、登山口です!
「タイムキーパーさん、どうですか?」
「いい感じです!ここまで25分です!」
よっし! では行きましょう~~。

d0130927_1058198.jpg


本編へ続きます(^^)


人気ブログランキングへ
[PR]
by popoki1202 | 2013-09-23 18:00 | 秋山

食卓でも山。

以前、山雑誌の「ヒュッテ」で、芦田さんの山の稜線を描いた「AMETSUCHI」シリーズの
食器を見て、いつか出会ってみたいなぁ~と思っていた。

ほとんどの物がネットで買える時代だが、食器、洋服などは、
実物も見て、手触り、肌触りも確かめて買いたい派。

雑誌をみたときは覚えていたのに、その後ず~っと山並を描いた食器のことは
忘れていた。

それが、先日知人へのプレゼントを探して入ったショップで、
たまたま芦田さんの展覧会が開催されていた。
こういう出会いって、本当に嬉しい。


どちらかと言うと、磁気よりも陶器のほうが好きなのだけれど、
芦田さんの「AMETSUCHI」シリーズのもつ雰囲気、風景に一目惚れ。

d0130927_915288.jpgd0130927_915486.jpg

d0130927_916395.jpg

少し深めのお皿は、すぐに使い道がピンときた。
山並みが描かれたシンプルなデザイン。
ここに、トマトサラダや、煮物など盛りつけたらと、頭のなかで盛りつけた姿を
思い浮かべる。
普段使いのお皿って、結局使いやすい大きさや色を繰り返し使うことになるから
気に入ったものがあると、とても嬉しいもの。


もうひとつは、スープカップ。
こちらは、毎日ヨーグルト用に使っている。
ブルーの釉薬が、まるで山の下に広がる雲海みたいで、いいなぁ~と思ったのです。



d0130927_9161659.jpgd0130927_9181388.jpg

お皿の裏には、山と雲と雨、雷。
スープカップの中にも。



大事に使います。


芦田尚美さんHP


人気ブログランキングへ
[PR]
by popoki1202 | 2013-09-23 09:30 | 暮らし 雑貨
高峰山の山頂で、ランチ&まったり。
山頂にも、色んなお花が咲いていました。

祠の裏に、イワインチンの群生♪ 
d0130927_14425967.jpg

オンタデ / イワカガミの葉っぱ 紅葉始まっています♪
d0130927_14432683.jpgd0130927_14434198.jpg

↓左側のお花。山頂やその近くで見かけました。
調べてみたら、コキンレイカ(ハクサンオミナエシの果実)だとか。花じゃなくて実だったのですね。
マツムシソウは山頂にもいっぱい。
d0130927_1444332.jpgd0130927_14451381.jpg

さて、だいぶゆっくりできたし、ゆっくり下山しましょう~。
稜線から見えるのは、黒斑山かな。
登りでは気づかなかったお花もあったりして、楽しい道が続きます。
d0130927_14572842.jpg


d0130927_14503939.jpg

ゴゼンタチバナも真っ赤な実をつけて秋化粧/ヨツバヒヨドリ
d0130927_1451497.jpgd0130927_14542126.jpg



上を見て!と母の声。
わ~~、キレイ~~。 立派なムシカリ。
d0130927_14564046.jpg

d0130927_14512193.jpg

d0130927_1457773.jpg

やっぱり、お花や植物を楽しめるお山って良いですね~。
北アルプスにいつか登ってみたいという夢はあるけれど、
こういう静かな山をのんびり歩くのも好きだなぁ~。

粒ヶ平の分岐まで戻ってきたら、高峰温泉方面へ下ります。
登りのコースとはまた違った山の顔。苔とキノコが多いみたい。
苔の花~。
d0130927_155488.jpg

d0130927_1583233.jpgd0130927_1584622.jpg

d0130927_1592920.jpgd0130927_1591640.jpg

こちらの高峰温泉から登ってくる人の方が多いのでしょうか。
分岐で1組、その後2組、登山口近くで10名ほどのパーティーとすれ違いました。


d0130927_15111842.jpg
たぶん、水ノ塔山、篭ノ登山かな??
あちらの方にも、いつか登ってみたいなぁ~。



アキノキリンソウ/ゴマナ(たくさん咲いていました!)
d0130927_151376.jpgd0130927_15131993.jpg

d0130927_15144960.jpg

高峰温泉に向かう塗装道路に出たら、車坂峠に向かって下ります。
ランプの宿「高峰温泉」もいつか行ってみたいけれど、今日は車坂峠に戻ります。
この塗装道路の両脇が、またお花畑が広がっていて飽きません(^^)
d0130927_15184331.jpgd0130927_15201454.jpg

d0130927_1519404.jpgd0130927_15202829.jpg

ヤナギランはもう終わり。
去年の9/16には結構見かけたので、今年は散るのが早かったのかもしれませんね。
ハクサンフウロは、ちらほらと。



アサマ2000スキー場に広がるお花畑~。
d0130927_1612577.jpg

d0130927_15173138.jpg

d0130927_15182511.jpg

赤く見えるのは、ヤナギラン(お花は散っています)。

高峰山、期待以上に素敵なお山でした。
体力が不安と言っていた母も、疲労感なく登ることができたようです(^^)
浅間連峰には、他にも行ってみたい山がいくつも。
新幹線を使えば、東京からも日帰り可能だし、季節をかえてまた来たいな~。

★高峰山
初夏には、ハクサンイチゲ、イワカガミもみれるよう。
秋はカラマツの黄葉が美しいし、四季を通して楽しめそう(^^)

▲コースタイム 約3時間10分(※地図上のコースタイムは、約1時間40分)
10:30  高峰山登山口
10:50  ベンチ休憩 
11:15  粒ヶ平の分岐
11:40  高峰山 山頂(ランチ)
13:40  車坂峠 高峰高原ビジターセンター着


人気ブログランキングへ
[PR]
by popoki1202 | 2013-09-17 20:00 | 秋山
高峰温泉との分岐(粒ヶ平)から、高峰山の山頂を目指します。
途中、動物のフンをいくつか見かけました。
たぶん、フンの大きさからして、クマではないと思いましたが、
念のため二人でクマ鈴をつけて歩きます。(たぶん、キツネかタヌキかなぁ~)

d0130927_14145045.jpg

振り返って仰ぎ見れば、あれは黒斑山でしょうか~。
チェリーパークラインの、くねくねした道も見えますね(^^)
d0130927_14154941.jpg

d0130927_14163470.jpg

秋らしい道を進む。
赤い実は「ムシカリ(すいかずら科)」真っ赤でキラキラ☆
d0130927_14175111.jpgd0130927_14193828.jpg

d0130927_14223728.jpg

足元の小さき植物。赤く紅葉した姿が美しかった。



d0130927_14242298.jpgそろそろ山頂かなと思ったら、突然目の前に大きな岩~~。

今までの景色とのギャップが、面白い。

もちろん岩を登れるはずもなく。
岩の橫をぐるっとまわって、登ります。

d0130927_14243643.jpg
d0130927_14261896.jpg




ちょうど岩の裏側が、山頂になっているようです(^^)
高峰山の山頂に到着~~!(2091.6Mなり~)
逆光で暗くなっちゃった山頂写真・・・。
山頂のプレートより少し行ったところに、祠がありました。
d0130927_14274414.jpgd0130927_14275660.jpg

広い山頂、展望もよし~。
快晴なら、八ヶ岳や北アルプスも見えるようです。
それにしても、すごいトンボの数でした。写真にも、トンボさん写っていますね。
d0130927_14294323.jpg
d0130927_14295520.jpg

眼下に広がる小諸の街を見ながら、ランチタイムです(^^)

そうそう、山頂までにすれ違ったのは、わずか2組。
ランチを食べていたら、賑やかなご婦人グループが登って来て
「初めて人に会った~~」と言われました。
本当に静かなお山です(^^)

その4に続く~

人気ブログランキングへ
[PR]
by popoki1202 | 2013-09-16 10:00 | 秋山
d0130927_13392781.jpg

雲があがってきました。
涼しい風が通り抜けます。気持ちよし~(^^)
のんびり歩ける高峰山ですが、標高は2091M さすがにいつも登っている低山とは違う空気。
お花も、高山ならではのお花に会えるので得した気分♪

足元をキョロキョロしながら歩くので、なかなか進みませんが、これでいいのです♪ 
(地図だと登り50分、下り30分のなんとも短いコース!だからのんびり歩いても大丈夫!)
こういう山歩き、大好き。
d0130927_13421030.jpgd0130927_1343943.jpg

キノコもたくさん見かけます。
母曰く、「ジコボウ」ではないかと。美味しいキノコらしいです。
(もちろん、ここでは採ってはいけませんよ~~。)

それにしても、高峰山はマツムシソウがたっくさん♪
お花畑~~。 蝶々もひらひら舞う姿を見せてくれます(^^)
d0130927_134651.jpg

d0130927_13462589.jpgコヒョウモン(?)でしょうか。
昆虫にあかるくないもので、
まったくワカリマセン(^^;)
この蝶は、わりとよく見かけました。

マツムシソウには、蝶や蜂がやってきては飛んでいきます。
きっと美味しい蜜なんですねぇ~。
d0130927_13463619.jpg

d0130927_16143910.jpgd0130927_16145997.jpg

クジャクチョウ、たくさん見かけるも撮るのが難しい~。
近づくと逃げてしまうので、遠くからこれが精一杯。

ハクサンフウロは、もう終わりかけみたい。
ピンクの小さな花が可愛いですね~。
d0130927_13474465.jpgd0130927_13475494.jpg

カラマツの紅葉はまだ先ですが、また来てみたいなぁ~。
ウスユキソウは咲き終わっていましたが、ちらほらと会えましたよ。
d0130927_1349810.jpgd0130927_13492223.jpg

アザミもたくさん♪
d0130927_13513125.jpgd0130927_13514042.jpg

アキノキリンソウ/キオン(それほど多くは見かけませんでした。)
d0130927_13521124.jpgd0130927_13522467.jpg

足元のシラタマノキもお忘れなく♪
こちら薬草なんだそう。食べると湿布の風味だとか。もちろん、山では採っちゃダメですよ~。
d0130927_13532691.jpg

赤く紅葉した葉っぱはなんだろう~。秋の雰囲気ですね。
d0130927_1455352.jpgd0130927_1462386.jpg

d0130927_1404426.jpg
d0130927_141086.jpg

高峰山への登山口はふたつ。
今回は、高峰高原ホテル裏から登り、下山は高峰温泉方面にする予定。
ここが分岐なんですね~。

山頂までは、あと15分(^^)
最初の休憩スポット(ベンチのあったところ)までが、いちばんの登りで
あとは歩きやすい稜線が続くこのコース。
のんびり山を楽しみたいときには、ぴったりでした。

その3に続く~

人気ブログランキングへ
[PR]
by popoki1202 | 2013-09-15 10:00 | 秋山
帰省のついでに山登りが恒例行事となりつつあるこの数年。
今年は、まだ一度も山登りをしていないという母。
ちょっと体力が落ちているから、ラクチンコースをリクエストされていた。

d0130927_1156468.jpg


せっかくだし、お花も見れて少し歩けるラクチンコースはないかなぁ~と
調べていたら、高峰山が良さそう!というわけで、やって参りました(^^)
この日は、晴れてはいたけれど雲が多め。
高峰高原ホテル前から、晴れていれば見えるはずの富士山、八ヶ岳、北アルプスは
雲のなか~~。
去年の9月に来た時は、富士山が見えたのよね~。(★昨年2012/9/16の黒斑山

黒斑山には、過去に2回登っていますが、高峰山は初めて。
どんな景色に会えるか楽しみ~~。

高峰高原ホテル裏が登山口のスタート地点。
白い鳥居をくぐって、進みます。
d0130927_12151112.jpg

さっそく現れたのは、マツムシソウ。散ってしまったぼうず頭もたくさん見ましたが
キレイに咲き残っているマツムシソウは、このコースで沢山出会えました(^^)
d0130927_12152230.jpgd0130927_12172941.jpg

アキンオキリンソウも沢山/シラタマノキもあちこちに
d0130927_12174367.jpgd0130927_12175674.jpg

d0130927_12232798.jpgd0130927_12234010.jpg

白いセリ科のお花(左側)は名前がいつもわからない・・・。
右側のヤマハハコは、大群生であちらこちらに(^^)


d0130927_12273881.jpg

最初の登りは、こんな感じで、笹の坂道を登ります。
実は、先月に父と高峰高原ホテルの日帰り湯に来ていて、ここを少し登ったとのこと。
(父は殆ど運動をしないので、よく登ったものだと驚きました!)
息があがらないように、ゆっくり登りましょう~~。

ヤマハハコや、アキノキリンソウ咲く道を登っていくと、
先を歩く母の歓声が。

わぁ~~、すごい!キレイ!リンドウの群生です(^^)
これは見事~~。 
d0130927_1230222.jpg

d0130927_12324264.jpg

d0130927_1232062.jpgd0130927_123214100.jpg

開花していたリンドウの花の中を覗いてみると、中は白くて、まるで折り紙の花みたい(^^)
山に来て良かったなぁ~、母を連れてきてあげて良かった~(^^)

リンドウの群生地の橫は、ベンチのある休憩スペース。
ここまで、登山口から約20分。休憩して、お花と景色を楽しみます。

きっと東京は暑いだろうに、山の空気はひんやりしていて本当に気持ちが良い(^^)

d0130927_1241252.jpgd0130927_12411812.jpg

休憩したら、高峰山の山頂を目指して歩きましょう~。
ここからは、笹が少なくなってきて、気持ちの良い稜線歩きが続きます。
時折、木の間から佐久の街が眼下に見えます。田んぼの黄金色が良い感じ~~。
d0130927_12424986.jpg

d0130927_12441416.jpg

d0130927_1244331.jpgd0130927_12451075.jpg

黄色いイワインチン。金平糖を集めたみたいなお花が可愛い(^^)
ツリガネニンジンは、ほとんど終わりかけ。時々咲いているのに出会うくらいだったかな。

初秋でこんなにお花に会えるとは思っていなかったので、母と二人で感激しっぱなし
でした。
急坂もないので、母のリハビリ登山にもちょうど良かったです。

それにしても、静かなお山。平日とはいえ、駐車場にはけっこう車も停まっていたし、
ビジターセンターにも人がちらほらいたけれど、みんな黒斑山に行っているのかも
しれませんね。
この時点では、まだ誰とも会いませんでした。

お花も続くよ、高峰山その2に続く~

人気ブログランキングへ



★昨年2012/9/16の黒斑山
★カラマツの紅葉時期の高峰高原(2011.11月)
[PR]
by popoki1202 | 2013-09-14 12:53 | 秋山

蕎麦畑と黄金色の田んぼ

祖母の一周忌で帰省した。
この季節、長野は蕎麦の白い花と、田んぼの黄金色が美しい。

d0130927_15454279.jpg

d0130927_15455392.jpg


私が暮らしていた頃は、それほど蕎麦畑は多くなかったような気がするが、
最近では、田んぼと田んぼの間に蕎麦畑という風景が広がっている。
休耕田を蕎麦畑にしているところが増えているのだとか。

一周忌の席でも、地元の新蕎麦、地元のはぜかけ米を頂いたが
大変美味しかった。
秋は食べ物が美味しい季節。
あちこちで、美味しそうなリンゴ畑もみかけた。

d0130927_15484936.jpgすでに萩も満開。
コスモスも咲き始めていた。

吹き抜ける風は冷たく気持ちがいい。
日が暮れると涼しいというより寒いほど。
でもまだ暖房はいらない。
こういう気持ちが良い季候は短く、
あっというまに秋から冬へ。

短い初秋を味わった帰省旅だった。


人気ブログランキングへ

d0130927_1549044.jpgd0130927_15492247.jpg
[PR]
by popoki1202 | 2013-09-11 21:00 | 帰省
d0130927_14452576.jpg

綾広の滝を堪能したら、元来た道を、天狗岩まで戻りましょう~。
途中、休憩できる場所でランチを食べて、しばし休憩~。

↓真っ白な蛾が岩にぴったり張り付いています・・・。d0130927_14473068.jpgd0130927_14474098.jpg



天狗岩からは、長い鉄階段をくだり、根っこの張った坂を下ること10分。
七代の滝に到着~~。丸太橋を渡って、滝に近づいてみます(^^)
d0130927_1450354.jpg

d0130927_14511831.jpg



d0130927_14522039.jpg

d0130927_14523153.jpg

こちらの滝も素敵~。
水が冷たくて気持ちが良い。しばし、滝の飛沫を味わったら、長尾平に戻ります。
ここからが、私にはとても長く感じて(ダラダラした階段の登りが続く・・・)、写真なし。

私の印象ですが、長尾平からはロックガーデン経由の道のほうがお花も多く
ラクチンコース。
七代の滝コースは階段の多いイメージです。
階段が苦手なので、少々バテ気味でしたが、結果としてはへなちょこなりに
普通のタイムで帰ってこれました(^^)

暑い晩夏に、ロックガーデンと滝で涼めるこのコース。
お気に入りになりました(^^)

▲コースタイム 約3時間40分
10:00 ケーブルカー御岳山駅~富士峰園地(レンゲショウマ鑑賞)
10:45 御嶽神社
11:00 長尾平(休憩10分)
11:20 天狗岩~ロックガーデン
11:50 綾広の滝
12:45 七代の滝
13:40 ケーブルカー御岳山駅着


人気ブログランキングへ
[PR]
by popoki1202 | 2013-09-10 15:53 | 夏山

ほとんど日常雑記


by popoki1202