かぎしっぽ通り

popoki1202.exblog.jp
ブログトップ

タグ:山と川:甲信越 ( 56 ) タグの人気記事

上高地 大正池 2014.9.22

と~~てもスローペースな更新になってしまいました。
もう記憶もあいまい(苦笑)
よかったらお付き合いください。

せっかく上高地で朝を迎えたのだから、
朝焼けと朝もやの大正池がみたいな~と思っていた。

朝6時。ホテルを出発して大正池まで歩いてみる。
d0130927_15124728.jpg


もう日が昇っているのね。
穂高方面が光り始めている。
朝の上高地は静かで、空気がさらに澄んでいるような気がする。

d0130927_15143383.jpg

ちょうど焼岳が朝日に照らされていて、ぴっかぴか。

d0130927_15153329.jpg

d0130927_15154854.jpg

もう焼岳の上のほうは日があたっている。
高い山ばかりの上高地では、低くみえる焼岳も、近くでみると大きいなぁ~。

この日の朝は気持ちの良い快晴!
大正池の朝もやは現れず、水面には焼岳がくっきり。
d0130927_15181771.jpg

d0130927_15184325.jpg

d0130927_15195613.jpg


朝のお散歩を楽しんだら、ホテルに戻って温泉に入りましょう(^_^)
d0130927_15212251.jpg

d0130927_1521363.jpg


上高地って、うちの実家から近いので日帰り観光することが多いのだけれど
泊まるとゆっくり過ごせていいものですね(^_^)

上高地ルミスタホテル
ホテルの目の前は梓川。
食事も美味しい山岳リゾートホテル。
上高地で温泉!というのがありがたい(^^)
[PR]
by popoki1202 | 2014-12-14 15:25 | 秋山
徳沢のソフトクリームで栄養補給した私たち。
さて、本日宿泊のホテルに向かって歩きましょう~。

d0130927_1565015.jpg

母の疲労度が心配ですが、思った以上に徳沢に着いた時刻が
遅かったので、少々焦るわたし・・・。
山では、4時着が原則。徳沢出発時間が14時半。
なんとか着けるだろうか。

d0130927_15102614.jpg

明神まではなんとかいいペースで戻ってきた。
母が無口になるのは、疲れたサイン。
明神から河童橋までは約70分。帰り道は、梓川右岸道をいく。
なんとかいけるかなとスピードを緩めて歩く。

d0130927_15115116.jpg

梓川右岸道は、左岸道より人が少ない。
川沿いの木道歩きは、のんびり散策するには気持ちがよいところ。
あれは六百山(2449M)かな。
d0130927_151328100.jpg



そろそろ河童橋かなと思ってからが、意外に遠かった。
やっと、河童橋が見えたときは、ほっとした。

d0130927_15153486.jpg



ここまで来たら、ホテルまではあと少し(徒歩20分)
母、がんばれ~~。

d0130927_15174925.jpg

ホテルの前は梓川の青い流れと、霞沢岳(2646M)
贅沢~~。
[PR]
by popoki1202 | 2014-10-27 20:00 | 秋山
d0130927_14332590.jpg

明神でのランチを済ませたら、徳沢に向かって歩きましょう~。
山が一段と近く感じます。

d0130927_14343199.jpg

古池にでました。
ここ、すご~い。。。 澄んでるという言葉だけでは足りないくらいの透明感。
眺めていると、ぽこぽこと、下から水が湧いているのが見えます。
d0130927_14371878.jpg

d0130927_14374457.jpg

d0130927_1438054.jpg



d0130927_14394241.jpg

d0130927_14403438.jpgd0130927_14405178.jpg

森を抜けると、川沿いの道に。
徳澤までは、あと少し。遠くに見えるのは、どこのお山かしら~。
d0130927_14414054.jpg



もう少しかな?と思っていたら、急にぱぁ~と明るい草原。
あ、徳沢だ!

d0130927_1443129.jpg

d0130927_14444485.jpg

d0130927_14461356.jpg

歩くのは久しぶりという母は、かなり疲れてしまった様子。
歩くペース、早かったかな・・・。
徳沢名物のソフトクリームを食べて、一休みしましょう~。
d0130927_1446050.jpg



d0130927_14471772.jpg



上高地までは6.4キロ。 さぁ、戻りましょう~!

氷壁の宿 徳澤園
とっても素敵な宿。いつか泊まってみたい~
[PR]
by popoki1202 | 2014-10-26 14:49 | 秋山
更新がかなりスローペースですが、よろしければお付き合いください

初秋の上高地に来たのは2度目。
あれはいつだったかな?と自身のブログを辿れば、2010年9月24日だった。

もう4年も前だったんだなぁ~。

同じ季節にやってきても、違う表情を見せてくれるのが山。
今年はどのお山も紅葉が早いようだけれど、快晴のこの日は光は夏のよう。
d0130927_1665687.jpg


今回も母と二人。
山登りをまったくしていない(母も私も)というわけで、徳沢まで歩いて
河童橋まで戻ってくることにした。

トラノオみたいなのは「サラシナショウマ」 紫色は「ヤチトリカブト」
d0130927_1683286.jpgd0130927_1684571.jpg

d0130927_169868.jpgd0130927_1691899.jpg



d0130927_1612375.jpg

d0130927_1612525.jpg

明神岳が美しい~(^^)
アップダウンがあまりない歩きやすい道を進むこと1時間。
明神に到着! ランチタイムです。(明神館でカレーライスを頂きました!)

d0130927_1615925.jpg

d0130927_16194130.jpgd0130927_1620284.jpg

d0130927_16204120.jpg


徳沢までは、3.4KM。
ここからは、初めての道!どんな景色が待っているのか、楽しみ!!
[PR]
by popoki1202 | 2014-10-25 15:54 | 秋山

上高地へ 2014.9.21

d0130927_11345147.jpg


9月下旬、帰省したおりに、上高地へ。
ずっと山登りをしていなかったので、今回は山登りはなし。
上高地で宿泊して、のんびり散策が目的。


台風がくるとか、こないとか。
お天気が心配だったけれど、当日はピッカピカの快晴!!
青い空に山が映える~。
[PR]
by popoki1202 | 2014-10-05 11:36 | 秋山
高峰山の山頂で、ランチ&まったり。
山頂にも、色んなお花が咲いていました。

祠の裏に、イワインチンの群生♪ 
d0130927_14425967.jpg

オンタデ / イワカガミの葉っぱ 紅葉始まっています♪
d0130927_14432683.jpgd0130927_14434198.jpg

↓左側のお花。山頂やその近くで見かけました。
調べてみたら、コキンレイカ(ハクサンオミナエシの果実)だとか。花じゃなくて実だったのですね。
マツムシソウは山頂にもいっぱい。
d0130927_1444332.jpgd0130927_14451381.jpg

さて、だいぶゆっくりできたし、ゆっくり下山しましょう~。
稜線から見えるのは、黒斑山かな。
登りでは気づかなかったお花もあったりして、楽しい道が続きます。
d0130927_14572842.jpg


d0130927_14503939.jpg

ゴゼンタチバナも真っ赤な実をつけて秋化粧/ヨツバヒヨドリ
d0130927_1451497.jpgd0130927_14542126.jpg



上を見て!と母の声。
わ~~、キレイ~~。 立派なムシカリ。
d0130927_14564046.jpg

d0130927_14512193.jpg

d0130927_1457773.jpg

やっぱり、お花や植物を楽しめるお山って良いですね~。
北アルプスにいつか登ってみたいという夢はあるけれど、
こういう静かな山をのんびり歩くのも好きだなぁ~。

粒ヶ平の分岐まで戻ってきたら、高峰温泉方面へ下ります。
登りのコースとはまた違った山の顔。苔とキノコが多いみたい。
苔の花~。
d0130927_155488.jpg

d0130927_1583233.jpgd0130927_1584622.jpg

d0130927_1592920.jpgd0130927_1591640.jpg

こちらの高峰温泉から登ってくる人の方が多いのでしょうか。
分岐で1組、その後2組、登山口近くで10名ほどのパーティーとすれ違いました。


d0130927_15111842.jpg
たぶん、水ノ塔山、篭ノ登山かな??
あちらの方にも、いつか登ってみたいなぁ~。



アキノキリンソウ/ゴマナ(たくさん咲いていました!)
d0130927_151376.jpgd0130927_15131993.jpg

d0130927_15144960.jpg

高峰温泉に向かう塗装道路に出たら、車坂峠に向かって下ります。
ランプの宿「高峰温泉」もいつか行ってみたいけれど、今日は車坂峠に戻ります。
この塗装道路の両脇が、またお花畑が広がっていて飽きません(^^)
d0130927_15184331.jpgd0130927_15201454.jpg

d0130927_1519404.jpgd0130927_15202829.jpg

ヤナギランはもう終わり。
去年の9/16には結構見かけたので、今年は散るのが早かったのかもしれませんね。
ハクサンフウロは、ちらほらと。



アサマ2000スキー場に広がるお花畑~。
d0130927_1612577.jpg

d0130927_15173138.jpg

d0130927_15182511.jpg

赤く見えるのは、ヤナギラン(お花は散っています)。

高峰山、期待以上に素敵なお山でした。
体力が不安と言っていた母も、疲労感なく登ることができたようです(^^)
浅間連峰には、他にも行ってみたい山がいくつも。
新幹線を使えば、東京からも日帰り可能だし、季節をかえてまた来たいな~。

★高峰山
初夏には、ハクサンイチゲ、イワカガミもみれるよう。
秋はカラマツの黄葉が美しいし、四季を通して楽しめそう(^^)

▲コースタイム 約3時間10分(※地図上のコースタイムは、約1時間40分)
10:30  高峰山登山口
10:50  ベンチ休憩 
11:15  粒ヶ平の分岐
11:40  高峰山 山頂(ランチ)
13:40  車坂峠 高峰高原ビジターセンター着


人気ブログランキングへ
[PR]
by popoki1202 | 2013-09-17 20:00 | 秋山
高峰温泉との分岐(粒ヶ平)から、高峰山の山頂を目指します。
途中、動物のフンをいくつか見かけました。
たぶん、フンの大きさからして、クマではないと思いましたが、
念のため二人でクマ鈴をつけて歩きます。(たぶん、キツネかタヌキかなぁ~)

d0130927_14145045.jpg

振り返って仰ぎ見れば、あれは黒斑山でしょうか~。
チェリーパークラインの、くねくねした道も見えますね(^^)
d0130927_14154941.jpg

d0130927_14163470.jpg

秋らしい道を進む。
赤い実は「ムシカリ(すいかずら科)」真っ赤でキラキラ☆
d0130927_14175111.jpgd0130927_14193828.jpg

d0130927_14223728.jpg

足元の小さき植物。赤く紅葉した姿が美しかった。



d0130927_14242298.jpgそろそろ山頂かなと思ったら、突然目の前に大きな岩~~。

今までの景色とのギャップが、面白い。

もちろん岩を登れるはずもなく。
岩の橫をぐるっとまわって、登ります。

d0130927_14243643.jpg
d0130927_14261896.jpg




ちょうど岩の裏側が、山頂になっているようです(^^)
高峰山の山頂に到着~~!(2091.6Mなり~)
逆光で暗くなっちゃった山頂写真・・・。
山頂のプレートより少し行ったところに、祠がありました。
d0130927_14274414.jpgd0130927_14275660.jpg

広い山頂、展望もよし~。
快晴なら、八ヶ岳や北アルプスも見えるようです。
それにしても、すごいトンボの数でした。写真にも、トンボさん写っていますね。
d0130927_14294323.jpg
d0130927_14295520.jpg

眼下に広がる小諸の街を見ながら、ランチタイムです(^^)

そうそう、山頂までにすれ違ったのは、わずか2組。
ランチを食べていたら、賑やかなご婦人グループが登って来て
「初めて人に会った~~」と言われました。
本当に静かなお山です(^^)

その4に続く~

人気ブログランキングへ
[PR]
by popoki1202 | 2013-09-16 10:00 | 秋山
d0130927_13392781.jpg

雲があがってきました。
涼しい風が通り抜けます。気持ちよし~(^^)
のんびり歩ける高峰山ですが、標高は2091M さすがにいつも登っている低山とは違う空気。
お花も、高山ならではのお花に会えるので得した気分♪

足元をキョロキョロしながら歩くので、なかなか進みませんが、これでいいのです♪ 
(地図だと登り50分、下り30分のなんとも短いコース!だからのんびり歩いても大丈夫!)
こういう山歩き、大好き。
d0130927_13421030.jpgd0130927_1343943.jpg

キノコもたくさん見かけます。
母曰く、「ジコボウ」ではないかと。美味しいキノコらしいです。
(もちろん、ここでは採ってはいけませんよ~~。)

それにしても、高峰山はマツムシソウがたっくさん♪
お花畑~~。 蝶々もひらひら舞う姿を見せてくれます(^^)
d0130927_134651.jpg

d0130927_13462589.jpgコヒョウモン(?)でしょうか。
昆虫にあかるくないもので、
まったくワカリマセン(^^;)
この蝶は、わりとよく見かけました。

マツムシソウには、蝶や蜂がやってきては飛んでいきます。
きっと美味しい蜜なんですねぇ~。
d0130927_13463619.jpg

d0130927_16143910.jpgd0130927_16145997.jpg

クジャクチョウ、たくさん見かけるも撮るのが難しい~。
近づくと逃げてしまうので、遠くからこれが精一杯。

ハクサンフウロは、もう終わりかけみたい。
ピンクの小さな花が可愛いですね~。
d0130927_13474465.jpgd0130927_13475494.jpg

カラマツの紅葉はまだ先ですが、また来てみたいなぁ~。
ウスユキソウは咲き終わっていましたが、ちらほらと会えましたよ。
d0130927_1349810.jpgd0130927_13492223.jpg

アザミもたくさん♪
d0130927_13513125.jpgd0130927_13514042.jpg

アキノキリンソウ/キオン(それほど多くは見かけませんでした。)
d0130927_13521124.jpgd0130927_13522467.jpg

足元のシラタマノキもお忘れなく♪
こちら薬草なんだそう。食べると湿布の風味だとか。もちろん、山では採っちゃダメですよ~。
d0130927_13532691.jpg

赤く紅葉した葉っぱはなんだろう~。秋の雰囲気ですね。
d0130927_1455352.jpgd0130927_1462386.jpg

d0130927_1404426.jpg
d0130927_141086.jpg

高峰山への登山口はふたつ。
今回は、高峰高原ホテル裏から登り、下山は高峰温泉方面にする予定。
ここが分岐なんですね~。

山頂までは、あと15分(^^)
最初の休憩スポット(ベンチのあったところ)までが、いちばんの登りで
あとは歩きやすい稜線が続くこのコース。
のんびり山を楽しみたいときには、ぴったりでした。

その3に続く~

人気ブログランキングへ
[PR]
by popoki1202 | 2013-09-15 10:00 | 秋山
帰省のついでに山登りが恒例行事となりつつあるこの数年。
今年は、まだ一度も山登りをしていないという母。
ちょっと体力が落ちているから、ラクチンコースをリクエストされていた。

d0130927_1156468.jpg


せっかくだし、お花も見れて少し歩けるラクチンコースはないかなぁ~と
調べていたら、高峰山が良さそう!というわけで、やって参りました(^^)
この日は、晴れてはいたけれど雲が多め。
高峰高原ホテル前から、晴れていれば見えるはずの富士山、八ヶ岳、北アルプスは
雲のなか~~。
去年の9月に来た時は、富士山が見えたのよね~。(★昨年2012/9/16の黒斑山

黒斑山には、過去に2回登っていますが、高峰山は初めて。
どんな景色に会えるか楽しみ~~。

高峰高原ホテル裏が登山口のスタート地点。
白い鳥居をくぐって、進みます。
d0130927_12151112.jpg

さっそく現れたのは、マツムシソウ。散ってしまったぼうず頭もたくさん見ましたが
キレイに咲き残っているマツムシソウは、このコースで沢山出会えました(^^)
d0130927_12152230.jpgd0130927_12172941.jpg

アキンオキリンソウも沢山/シラタマノキもあちこちに
d0130927_12174367.jpgd0130927_12175674.jpg

d0130927_12232798.jpgd0130927_12234010.jpg

白いセリ科のお花(左側)は名前がいつもわからない・・・。
右側のヤマハハコは、大群生であちらこちらに(^^)


d0130927_12273881.jpg

最初の登りは、こんな感じで、笹の坂道を登ります。
実は、先月に父と高峰高原ホテルの日帰り湯に来ていて、ここを少し登ったとのこと。
(父は殆ど運動をしないので、よく登ったものだと驚きました!)
息があがらないように、ゆっくり登りましょう~~。

ヤマハハコや、アキノキリンソウ咲く道を登っていくと、
先を歩く母の歓声が。

わぁ~~、すごい!キレイ!リンドウの群生です(^^)
これは見事~~。 
d0130927_1230222.jpg

d0130927_12324264.jpg

d0130927_1232062.jpgd0130927_123214100.jpg

開花していたリンドウの花の中を覗いてみると、中は白くて、まるで折り紙の花みたい(^^)
山に来て良かったなぁ~、母を連れてきてあげて良かった~(^^)

リンドウの群生地の橫は、ベンチのある休憩スペース。
ここまで、登山口から約20分。休憩して、お花と景色を楽しみます。

きっと東京は暑いだろうに、山の空気はひんやりしていて本当に気持ちが良い(^^)

d0130927_1241252.jpgd0130927_12411812.jpg

休憩したら、高峰山の山頂を目指して歩きましょう~。
ここからは、笹が少なくなってきて、気持ちの良い稜線歩きが続きます。
時折、木の間から佐久の街が眼下に見えます。田んぼの黄金色が良い感じ~~。
d0130927_12424986.jpg

d0130927_12441416.jpg

d0130927_1244331.jpgd0130927_12451075.jpg

黄色いイワインチン。金平糖を集めたみたいなお花が可愛い(^^)
ツリガネニンジンは、ほとんど終わりかけ。時々咲いているのに出会うくらいだったかな。

初秋でこんなにお花に会えるとは思っていなかったので、母と二人で感激しっぱなし
でした。
急坂もないので、母のリハビリ登山にもちょうど良かったです。

それにしても、静かなお山。平日とはいえ、駐車場にはけっこう車も停まっていたし、
ビジターセンターにも人がちらほらいたけれど、みんな黒斑山に行っているのかも
しれませんね。
この時点では、まだ誰とも会いませんでした。

お花も続くよ、高峰山その2に続く~

人気ブログランキングへ



★昨年2012/9/16の黒斑山
★カラマツの紅葉時期の高峰高原(2011.11月)
[PR]
by popoki1202 | 2013-09-14 12:53 | 秋山
祖母の49日法要で帰省の折。
法要の前日にハイキングってどうなの・・・?と思ったのだけれど、
母を誘うと、前日は何もすることがないから大丈夫!との答え。

何気なく行ってみる?と誘ったのは「八千穂高原」。
実は母がこの数年ずっと行ってみたかった場所だったのだとか。
「おばあちゃんが、行っておいで。」と言ってくれているみたいだと、嬉しそう。

d0130927_1011577.jpg

d0130927_10131568.jpg


初めてやってきた八千穂高原。
ここは、日本一の白樺群生地なんだとか。
道の両側にはず~っと白樺の林。正面には、北八ヶ岳の山がカラマツに染まっている。
頭上には青空! これは言うことなしのハイキング日和♪

白樺の中を歩きたいねと、適当なところで車を駐めて、ハイキングコースをゆっくり歩く。
d0130927_10153231.jpg



歩き始めたのは10時近くだったが、この日はかなり冷え込んだらしく
足元には霜柱が。 冬のよう。
d0130927_10122374.jpgd0130927_10123412.jpg

人もほとんどいない静かな森歩き。
母のおしゃべりが止まらないので(笑)、一度おしゃべりを制す。
すると、しーーーん。 鳥の声と、風が熊笹をゆらす音しかしない世界。

d0130927_1012584.jpg


静かな森歩きに満足したので、次は八千穂高原自然園へ向かう。
自然園の中は、川あり池ありと意外にも変化に富んでいて
良いハイキングコースになっていた。
白樺もあるけれど、カラマツや高山植物が多いみたい。
ここは、お花の季節に来たら楽しそう~。
d0130927_10224285.jpgd0130927_1023725.jpg

d0130927_10254088.jpgd0130927_10261015.jpg

褐色の世界で目立っていたピンクのマユミの実。キレイでした。
キノコは、あちこちで見かけました。これは、しめじの一種でしょうか~。
触ったら、霜で凍っているのかカッチカチでした!

d0130927_10295491.jpgd0130927_10311623.jpg

d0130927_10394215.jpgd0130927_10395732.jpg



自然園をぐるっと歩いたら、また白樺林に戻ります。
こんなに沢山の白樺を見たことがないので、二人ともすっかり白樺のトリコに・・・。

私たちが訪れた11月始めはすでに白樺の黄葉は終わり、ほとんど落葉していたのですが、
白樺は落葉した頃が美しいのではないかと。

白樺の白い幹と枝の向こうに、また白い枝、枝、枝。
青空と白樺の幹の広がりが本当に美しかったのです。
d0130927_1033048.jpg

d0130927_1033441.jpg

思う存分歩いたら、八千穂レイクで一休み。
湖の向こうに白樺林。キレイです(^^)
反対側は、カラマツの黄色い世界♪ これもまた美しい。

d0130927_10342431.jpg

d0130927_10352230.jpg


どこかで暖かい珈琲でも飲んで帰りましょうか。
車に乗り込んだ帰り道、母が急にもう一度白樺の中を車で走りたいと言う。
「行こう、行こう。」 突然のUターン。
笑いながら、朝来た道を再び走る。

d0130927_10422985.jpg

朝は鮮やかなブルーだった空が、水色に。
白樺の中を歩くのも美しかったけれど、この道本当にキレイだった。

今度は新緑の季節にね、と約束して帰路へ。


人気ブログランキングへ

▲コースタイム 約3時間半
8:20 長野新幹線佐久平駅
9:45~11:15 八千穂高原(白樺群生地 ハイキングコース)
11:15~12:10 八千穂高原自然園散策(昼食)
12:10~13:15 八千穂レイク周辺散策

★八千穂高原
[PR]
by popoki1202 | 2012-11-10 10:52 | 秋山

ほとんど日常雑記


by popoki1202