かぎしっぽ通り

popoki1202.exblog.jp
ブログトップ
ほぼコースタイム通りに山頂までやってきた我々。
ランチを食べ終わったら、下山して憾満ヶ淵を目指します。

鳴虫山は、下山ルートが少々ワイルド。
大きな段差や、時折ロープも。 登山者を飽きさせない感じが好きだったりします(^^)
d0130927_8434336.jpg

カラマツといえば、浅間方面でみた黄葉と香りを思い出すけれど、
新緑もいいですね~。

d0130927_847537.jpg

d0130927_8501764.jpg



登山道が終わったら、憾満ヶ淵はすぐそこ!
ここの水、いつ来てもすごい水量!そして、キレイ~~。
d0130927_851414.jpg

d0130927_8512136.jpg水際ギリギリまで近づくkiyomixさん(笑)

d0130927_8532798.jpg

d0130927_855793.jpgd0130927_8551838.jpg

憾満ヶ淵の遊歩道には、ずら~っとお地蔵さん。
みんな手作りの赤い帽子をかぶっていて、可愛らしい。

新緑と川沿い歩きを楽しんだら、日光駅へ。
GWなのに混雑知らずの鳴虫山。
歩きがいのあるコースと、新緑、お花。いい、お山だったなぁ~。
d0130927_857389.jpg


▲コースタイム 約6時間
10:00 東武日光駅
10:20 鳴虫山登山口
11:20 神ノ主山
12:30 鳴虫山 山頂(ランチ)
15:20 憾満ヶ淵
16:00 東武日光駅着


人気ブログランキングへ

★前編はこちら
★2010年11月の鳴虫山
★2009年5月の鳴虫山
[PR]
by popoki1202 | 2013-05-18 09:09 | 春山
ゴールデンウィーク中に、どこか新緑のお山に行きましょう!
ということで、日光の鳴虫山へ行ってきました。
同行者は、kiyomixさんとミルクさん。

登山道に入ると、新緑のシャワ~♪
d0130927_1553153.jpg

d0130927_156841.jpg
(photo:ミルクさん撮影)

ミツバツツジの鮮やかなピンクが新緑に映えますね~。
歩き始めて約1時間で、神ノ主山に到着。
男体山、女峰山、赤薙山、霧降高原が一望できるとか。山座固定はできませんが、展望よし~(^^)
d0130927_1593317.jpg

神ノ主山から鳴虫山にかけては、ブナの新緑が美しい。
この季節、ブナの新緑を楽しみながら登るのは良いものですね~♪
d0130927_15123133.jpg

d0130927_15124978.jpg

たまにやってくる急坂。見た目ほどには、大変じゃありません。
ミルクさんが、テレ朝の「大人の山歩き」で習得したという「市毛さん式」を披露してくれました。
その歩き方とは・・・小股でゆっくりと!(つまり山登りの基本ですね!)
確かに、「市毛さん式」で登ってみると、息があがりにくい!疲れにくい!
d0130927_15134614.jpg

d0130927_15182412.jpg

鳴虫山は、アカヤシオが咲いていると聞いていたので、楽しみにしていた。
遠くに、ふわぁ~と可憐に咲く薄いピンク色の花を見つけて、興奮する私達。
アカヤシオだぁ~。 ちょっと遠いので、一生懸命ズームしてもこれが限界。

お顔を近くで見てみたい!と思っていたところ、落花したアカヤシオを発見。
かわいいお花ですね~(^^) 出会えて感激です。
山頂近くでは、カタクリのお花も。くるんとした花びらが可愛い。
野生のカタクリに出会ったのもお初です(^^)

d0130927_15184428.jpgd0130927_15184626.jpg

楽しいおしゃべりと、新緑、アカヤシオ。
やっぱりお友達と来るお山はいいですねぇ~(^^)
最後の急坂を、市毛さん式で登り切れば、山頂です!

d0130927_15263779.jpg

d0130927_15281634.jpg



後編へ続く


人気ブログランキングへ
[PR]
by popoki1202 | 2013-05-07 20:00 | 春山
奥日光で見れるのは、もちろんズミだけではありません。
たくさんのお花に出会えましたよ~。

*ベニサラサドウダン(湯ノ湖)        *ギンリョウソウ(湯滝近く)
d0130927_11215175.jpgd0130927_11244026.jpg


【いろんな白い花】
*マイヅルソウ
d0130927_112636100.jpgd0130927_11265077.jpg

*ツマトリソウと名知らぬ花
d0130927_11274188.jpgd0130927_11275977.jpg

*シロバナノヘビイチゴ(?)
d0130927_11284291.jpg

*ミヤマザクラ
d0130927_1129281.jpgd0130927_11294349.jpg

d0130927_11315287.jpg木道脇の倒木。
根っこの形がキレイだった。


そしてワタスゲの群生~♪
d0130927_11325697.jpg


初夏の奥日光歩き、良かったなぁ。
また季節をかえて訪れたいです。

△コースタイム
10:00 日光駅
10:50 光徳牧場~戦場ヶ原~湯滝
12:30 湯滝近くで昼食
13:00 湯ノ湖~小滝~戦場ヶ原
16:00 赤沼
17:00 日光駅着

人気ブログランキングへ
[PR]
by popoki1202 | 2011-06-26 11:40 | 夏山
戦場ヶ原でズミが見てみたい~と言っていたのは去年。
春分さんにお声掛けいただき、梅雨の晴れ間?曇天間?に奥日光へ。
メンバーは、春分さん・po-netさん・kiyomixさん、わたしの4名。

光徳牧場~戦場ヶ原~湯滝~戦場ヶ原~赤沼と、初夏の奥日光を
楽しんできました。

光徳牧場、長閑で明るい牧場の雰囲気が好きでした。
d0130927_2103166.jpg


d0130927_2191829.jpg光徳の駐車場で車から降りたとたんに、セミの鳴き声のシャワーが。
エゾハルゼミというお方らしいです。
キャナキャナキャワキャワと高い声で
鳴いていました。
この季節にセミの声を聞くとは不思議な感覚。
カナカナとなくヒグラシは、夏の夕暮れというイメージがあるけれど、なるほどエゾハルゼミの声は高くて、鳴くスピードも早く初夏に合いますね。


念願のズミは、いたるところに咲いていました。
ズミって、リンゴの花みたいで可憐でかわいいお花だなぁ。

d0130927_2113782.jpg


d0130927_2115072.jpgd0130927_21153316.jpg

d0130927_2116353.jpg

d0130927_21181981.jpg



明るい森の中を歩いて、川沿いの道に出る。
d0130927_21222587.jpg

d0130927_21243085.jpgd0130927_2124389.jpg
気持ちの良い川沿い歩きをすること1時間。
湯滝に到着!豪快な音と水量に圧倒されます。
ここ来たの7年ぶりくらいかな~?
d0130927_21253376.jpg


湯滝の滝壺近くで昼食をとったら、戦場ヶ原に戻ります。
途中、小滝にも出会えました。
d0130927_2127322.jpg


川沿いを歩くのは気持ちがいいですね~。
途中、釣り人もたくさん見かけましたよ。
気持ちよさそう(*^。^*)



人気ブログランキングへ
[PR]
by popoki1202 | 2011-06-25 21:29 | 夏山
鳴虫山ハイキングコースから、憾満ヶ淵に出る。
d0130927_9471650.jpg


渓谷沿いの道には、可愛らしいお地蔵さんが並ぶ。
d0130927_9461192.jpg


それにしても、水の勢いのすごいこと!
岩場を下ると、かなり水際まで近付ける。
これは、かなり魅力的~♪とテンションあがる二人。
d0130927_9484156.jpg

d0130927_9485953.jpg

d0130927_949148.jpg


思う存分、山と水を楽しんだ。
憾満ヶ淵でも紅葉は真っ盛り。真っ赤なモミジにも会えました。
d0130927_9505640.jpg


鬼怒川沿いを歩き、日光駅へと向かう。
何度訪れても好きな場所、日光。
日光の魅力は、山と川に尽きる。

紅葉と神橋。水の色が美しい。
d0130927_9523689.jpg


▲立寄り
かまや

d0130927_959357.jpgこの日の日光は大混雑!行楽シーズンの好天でしたしね。
朝の特急電車は切符が取れず、快速で行きました。
帰りの電車は特急の切符を取っていましたが、変更は無理そう。
電車の時間まで約1時間半あるし・・・ということで、
以前から気になっていた日光駅前の「かまや」さんで打ち上げ。
山のあとのビールは美味しいですね~~。
あぁ、至福。
栗のポタージュスープも飲んでみました。
栗のお味が濃くて美味しゅうございました!

ご一緒いただきましたkiyomixさん、ありがとうございました!


人気ブログランキングへ
[PR]
by popoki1202 | 2010-11-13 16:26 | 秋山
秋の鳴虫山ハイキング、kiyomixさんにお付き合い頂きました!

d0130927_954378.jpg

こちらの山、わたしは二度目。
初めて登ったのは、2009年5月の新緑の頃でした。
(新緑の鳴虫山レポはこちら

登山口から約1時間で最初のポイント「神ノ主山」山頂。
空気が澄んでいて、日光連山が見渡せる。
キレイ~~。
d0130927_982946.jpg


神ノ主山から鳴虫山の山頂までは、ブナなどの雑木林の中を歩く。
これが至福の時。 彩りの山の中を歩けるって幸せだな~。
d0130927_91024.jpg

d0130927_9115426.jpg

d0130927_9122170.jpg


熊さんとの遭遇(?)を心配していたのですが、他にも登山されている方が
ちらほらいらっしゃったので、安心しました。
こんなに美しい山なのに、秋晴れの週末にもかかわらず割と空いていて
歩きやすい。良いお山だなぁ~。

d0130927_915285.jpg

d0130927_9152031.jpg

スタートから約2時間で鳴虫山の山頂に到着。
木々の間から見える日光連山が美しい。

下山は、けっこうバラエティ豊かなコース。
岩場下りあり、ロープあり、急坂あり。楽しめます。
d0130927_9174886.jpg

d0130927_918121.jpg

d0130927_918326.jpg


ひとり登山も良いけれど、気の合うお友達とおしゃべりしながら
笑いながら歩く山は、また格別。
山歩きって、ほんとリフレッシュするな~。
お天気にも恵まれ、楽しい山歩きでした!

▲コースタイム 約5時間
9:45 鳴虫山登山口スタート
10:30 神ノ主山 山頂
12:20 鳴虫山 山頂(昼食)
13:25 独標
14:20 憾満ヶ淵着


人気ブログランキングへ
[PR]
by popoki1202 | 2010-11-13 09:28 | 秋山
観光客でいっぱいの霧降の滝をあとにし、
隠れ三滝をめぐるハイキングコースへ向かう。

d0130927_21491425.jpg

ここは、いつ来ても静かだ。
黄色い林の中を歩く。

d0130927_21503636.jpg

d0130927_2151512.jpg霧降川をぴょんぴょんと渡る”へなちょこ隊員”の
ミルクさん。

川の水量が多いのは、数日前の雨の影響かな。
黄色い紅葉が、陽にあたってキラキラ。

d0130927_21512841.jpg


*丁字滝

d0130927_21552010.jpg

d0130927_2158824.jpg

*玉簾の滝

d0130927_21554296.jpg

*マックラ滝

d0130927_21561184.jpg

どの滝も水量が多く、迫力あり。
マックラ滝では、思いっきりミストを浴びる。気持ちいい~。


d0130927_21583436.jpg

マックラ滝へ向かう丸太橋が新しくなっていました。
これなら渡りやすい!! 整備してくださった方に感謝♪


d0130927_2204274.jpg今回は、初めてカップラーメンに挑戦!
といっても、ガスバーナーやコンロは持っていないので、魔法瓶の水筒にお湯を入れて持参した”へなちょこ隊”・・・。
これが、なかなかイケる!
山でカップヌードル、憧れていたんだ~。
あったまるし、美味しい!!


紅葉の山を眺めて、滝めぐり。
秋の滝も良いものですね~。

d0130927_2254996.jpg

d0130927_2265443.jpg落ち葉の道を歩くのも愉し♪

d0130927_2271744.jpgキノコもにょきにょき。

d0130927_2274136.jpg白い綿毛がキラキラ。
なんの植物だろ~。

d0130927_228195.jpgこちらは毒々しい「まむし草」


秋を満喫した休日でした~。
d0130927_22135233.jpg


▲コースタイム 約3時間
10:20 霧降の滝入口
10:30 霧降の滝展望台
10:40 隠れ三滝ハイキングコース入り口
11:40 丁字滝~玉簾の滝
12:20 マックラ滝~昼食
13:15 隠れ三滝入口バス停

秋山はいいな~。(滝めぐりだけど・・・)人気ブログランキングへ
[PR]
by popoki1202 | 2010-11-07 22:18 | 秋山

日光 霧降の滝 2010.11.3

秋晴れの11月3日、へなちょこ隊で日光の霧降の滝へ。
日光が近付くと、日光連山らしき山々がくっきりと見える。
空気が澄んでいるんだなぁ~。

黄色や赤い葉っぱをみるとテンションあがるなぁ~♪
霧降の滝入口は、紅葉真っ盛り!ちょうど良い時期に来たようです。
d0130927_21405021.jpg


*霧降の滝展望台からの眺め

空気が澄んでいて、遠くまでくっきり。
山が紅葉の絨毯!

d0130927_214247100.jpg


d0130927_21433245.jpg


秋の冷たい空気の中で、彩の山の中を歩くのは楽しい!
展望台は観光客で少し混んでいたけれど、隠れ三滝をめぐるハイキングコースは
相変わらず穴場。
そちらの記事は、また次回。


*今年夏の霧降の滝・隠れ三滝ハイキングはこちら


人気ブログランキングへ
[PR]
by popoki1202 | 2010-11-05 21:50 | 秋山
ハイキングが初めてという職場の同僚の希望で、日光の霧降の滝・隠れ三滝をめぐるハイキングに出かけた。
思えば、わたしが初めてハイキングをしたのもココでした。(→初めてのハイキング記事
今回は、4回目の霧降の滝・隠れ三滝めぐり。
原点に戻る気分で行ってみよう~!

*霧降の滝
d0130927_11195892.jpg

霧降の滝入口から、徒歩10分程度だろうか。
近付いてみることはできないが、観瀑台からの景色がお見事。
よく晴れていて、遠くの山が美しい。

霧降の滝を見たら、大山ハイキングコースから、つつじヶ丘を経て
隠れ三滝めぐりへと足を進める。
木々に囲まれたハイキングコースは、涼しくて気持ちが良い。
ちょっとキツイ木の階段を降り切ると、霧降川に出る。
d0130927_112741.jpg

この霧降川沿いにゆるゆると歩くのが、この滝めぐりの醍醐味。
水の音って落ち着くなぁ。
川の水をすくって顔にかけ、火照った顔を冷やす。幸せ~。

d0130927_1130232.jpg

d0130927_1130236.jpg

*丁字ヶ滝d0130927_1133347.jpg
霧降川にかかる丸太橋を渡り、標識にしたがって進むと”ひとつめの丁字ヶ滝”に出る。

丁字ヶ滝へ向かう丸太橋で初めて他のハイカーと会ったほど、この日の隠れ三滝コースは静かな山歩き。

丁字ヶ滝は、もう少し近付くことも可能だが、先客が三脚を立てて撮影中だったことと、同行者が「足場が滑ってコワイ~」ということで、この日は少し遠目から撮影。 (遠目といっても、かなり近い!)

隠れ三滝の魅力は、なんといっても滝に近づけること。

やっぱり好きだな~、ここ。



*玉簾滝d0130927_11432711.jpg
しばらく川沿いに歩くと、すぐに見えてくるのが
”ふたつめの玉簾滝”だ。

こちらも、靴が少々濡れるのを気にしなければ、かなり近くまで行ける。

今回は、同行者が普通のスニーカーだったので、ここも少し遠目から。
それでも、十分楽しめる。

紅葉の時期には、青空と紅葉が滝によく映えて美しかったのを思い出す。(→秋の隠れ三滝めぐり記事

玉簾滝を背に、最後の登り坂を登りきると、
”マックラ滝”に向かう広場に出る。
ここで、しばし昼食休憩をとり、
”みっつめのマックラ滝”へ。

川沿いの空気は涼しく、半袖では肌寒いほど。
この日の東京の気温は34度というから、驚きだ。


*マックラ滝
d0130927_11511540.jpg

d0130927_1151347.jpg

d0130927_11544065.jpgミストが風に乗って降ってくる。
これぞマイナスイオン。

ちょうど陽が射して、ミストがキラキラと光っているのが美しい。
今まで訪れた中で、いちばん濡れた気がする。

滝好きにはたまらない”隠れ三滝めぐり”。
季節を変えて、また訪れたい。


▲コースタイム 約3時間45分
9:16  東武日光駅着~(バス 9:31発)霧降の滝入口
9:45  霧降の滝へ
10:00 大山ハイキングコース入り口~つつじヶ丘~丁字ヶ滝~玉簾滝
12:30 マックラ滝入口(昼食)
13:00 マックラ滝
13:30 バス停 隠れ三滝入口

▲ハイキング後の立寄り
日光は10年ぶりという友人の希望で「日光東照宮」へ。 (ワタシ、行ったばかりよ・・・。)
d0130927_1242549.jpgd0130927_1243846.jpg


d0130927_1252191.jpgこれまた、友人の希望で「日光 天然のかき氷」。
こんな時期に、今年初のかき氷。
ふつうの氷と違って、すこしフワっとしていてすぐとけちゃう。美味しゅうございました!

いつも山登りのときは、山登りだけということが多いので、珍しく観光付きハイキングに。

同行者は、初めてのハイキングけっこう刺激的だったようです。
「ここは初心者コースじゃない~」と叫んでいました。
そうそう、私も初めて行ったときはそう思ったよ。
いまでは、軽々と歩けるようになったということは、へなちょこなりに成長していたんですね。



人気ブログランキングへ →登山じゃなくて滝めぐりだね
[PR]
by popoki1202 | 2010-09-12 12:13 | 夏山

日光 修学旅行ごっこ

「そうだ、日光へ行こう!」
急に思い立って、スペーシアに飛び乗り、日光へ。
d0130927_21125124.jpg

鳴き竜に会って~、東照宮行って~、大猷院行って~、お蕎麦食べよう!

d0130927_21164263.jpg日光東照宮の陽明門

d0130927_2117061.jpg陽明門のお獅子さんと
目が合う・・・。

d0130927_21184533.jpgd0130927_21185973.jpg陽明門の柱。
左のお猿さんのような模様が正しい模様。
右側の写真の柱だけわざと違う模様に。
建物は完成すると壊れるとのことから、縁起担ぎでわざと未完成にしているんだとか。


d0130927_2123110.jpgd0130927_21231779.jpg

d0130927_21252474.jpg眠り猫はピンボケ~。
眠り猫の裏にいる雀は、
白ピンボケ~。
「見ざる、言わざる、聞かざる」のある建物は神厩舎。
馬がさっきまでいたらしく、馬の香りがしました~。




d0130927_21254564.jpgけっこうお気に入りな大猷院。(徳川家光が眠る)
人が少なくて静か。
大猷院横の二荒山神社に入ってから、がらりと空気感が変わる。
(爽やかで、でも濃い感じ。)


快晴で暑いくらいだったのが、お昼になると雲が厚くなり涼しくなった。
さすが、山が近いだけありますね。
雷がゴロゴロ言いだしたのと、お腹も鳴きはじめたので、さっと見て蕎麦屋へ向かう。


d0130927_21315735.jpg前にも一度訪れたことがあるお蕎麦屋さんへ。
冷やし湯葉蕎麦を頂く。

お腹がいっぱいになったら、大谷川沿いの気持ちのいい道を歩き、日光駅へ。

d0130927_21352549.jpg
d0130927_21355057.jpg

日光も、まだ暑い夏だったけれど、川辺の気持ち良い風に少し秋を感じました。


▲タイムスケジュール
東武日光駅10:00~神橋10:20~
日光山輪王寺~日光東照宮・奥社~二荒山神社~輪王寺大猷院
蕎麦屋13:00~東武日光駅14:00

d0130927_2144260.gif →登山人気ブログランキングへ
[PR]
by popoki1202 | 2010-08-23 21:45 |

ほとんど日常雑記


by popoki1202