かぎしっぽ通り

popoki1202.exblog.jp
ブログトップ

タグ:梅仕事 ( 12 ) タグの人気記事

夏の食卓と梅仕事

鰹の美味しい季節です。

タタキはもちろん大好物なのですが、鰹の竜田揚げも、なかなか♪
ビールに合う!
d0130927_16164360.jpg




d0130927_16174856.jpg

今年は梅干し作りはお休みして、梅酒だけつけました。
ブランデー浸けも非常に興味があったのですが、お値段にひるんでしまい、
いつものホワイトリカーで。
一昨年作ったのを今飲んでいるわけですが、ちょっと甘すぎたなというわけで、
今年は、氷砂糖は半分にしてみました。
今は、こんなに透明なのに、浸かってくると良い感じの飴色になるんですよね~。
今飲んでるのが終わった頃に、飲み頃がくるかしら。
時間をかけて、食べるの(飲む)のを待つのって、なんか好きです(^^)




人気ブログランキングへ
[PR]
by popoki1202 | 2013-06-22 16:21 | 美味
塩漬して1週間後。
梅の梅酢が十分にあがってきたので、シソ漬けをする。

d0130927_1430530.jpgd0130927_14302016.jpg

シソに埋もれて、梅が見えませんね(^^;)

あとは梅雨明けを待って、カーッと照りつける太陽の出番を待つのみ。
と思っていたら、今年の梅雨明けは早かった!
最低でも2日間は干したいので、土日が晴れてくれると助かる~~。

d0130927_14324364.jpg


いつもは、盆ザル2枚に分けて干すんだけれど、今年は1枚で済んじゃった。
同じ2キロでも、中粒にしたから1粒が大きいみたい!

シソも一緒に干して、”ゆかり”にします。

d0130927_14341084.jpgd0130927_14342535.jpg


土用干しが済んだら、梅干しは瓶詰めにして冷蔵庫へ。
食べられるまでは、さらに1年。
来年までお休みなさい~~。

*******************
2011.7.2 塩漬け
2077.7.9 シソ漬け
2011.7.16~7.17 土用干し
*******************

蒸し暑いですね~~人気ブログランキングへ
[PR]
by popoki1202 | 2011-07-30 14:39 | 美味

梅干し作り 2011

毎年の恒例行事「梅干し作り」の時期がやってきた。

梅干し用の梅は、早々と5月初旬に注文済み。
今日届いたので、さっそく漬ける。

d0130927_15311932.jpg


今年の梅は不作と聞くが、これで中粒サイズ。
立派な梅ですよね~。

水で洗って、よく拭いてから、塩を振って保存容器へ。

d0130927_15324122.jpg


梅干し作りも今年で4年目。
だんだん要領も心得てきて、ぱぱっとできるようになった。
月向園さんの自然落下完熟梅のおかげ。
(あく取り不要、へた取り不要で簡単!!)

梅酢があがるまで、しばしおやすみなさい~。
[PR]
by popoki1202 | 2011-07-02 15:36 | 美味

梅干し 土用干2010

d0130927_2043017.jpg

梅雨明後、山だ!山だ!と忙しくしているうちに、土用干のタイミングを逃していました。
やっと土用干をしたのは、先々週のこと。

赤シソで真っ赤に染まった梅と、”ゆかり”用に赤シソを干す。

d0130927_21101033.jpg30度を超える暑さゆえ、2日で土用干終了。
しわしわの、かわいい梅干しの出来上がり。

来年まで、またしばらく会えません。
美味しく浸かって、待っていてね、梅さん。
[PR]
by popoki1202 | 2010-08-16 21:13 | 暮らし 雑貨

梅干し漬け 2010

d0130927_1656629.jpg

昨夜、超完熟南高梅が届いた。今年も、梅干し漬けの季節だ。

部屋中に広がる、甘い梅の香り。
そうそう、この香り!だいすき~。
d0130927_1655693.jpg


さっそく、今朝「梅干し漬け」をした。
木からもぐのではなく、落下した梅を送ってくださるので、ヘタ取りは不要。
完熟梅なので、アク取りもいらないので、簡単だ。
d0130927_16573878.jpg

水洗いをして、丁寧に1個ずつ水気と取ったら、塩漬け。
d0130927_16594818.jpg

梅酢があがる、1週間後くらいまで、おやすみなさい。

梅の月向農園
 毎年、美味しい梅をありがとう~!
[PR]
by popoki1202 | 2010-06-26 17:04 | 美味

ゆかり

今年は、梅干し作りで沢山「赤シソ」を使ったので、
ゆかりを作ってみた。

d0130927_1338518.jpg作ってみたといっても、作り方は簡単。
梅干しと一緒に漬けていた「赤シソ」を天日干しして、
フードプロセッサーで細かくするだけ。


d0130927_13392997.jpg

さっそく「おにぎり」にして食べてみました。
ほんのり塩が効いていて、シソと梅の香りが食欲をそそります。
梅味好きには、たまらないかも。
[PR]
by popoki1202 | 2009-08-16 13:41 | 美味

やっと、やっとの土用干

梅雨明け宣言したとたんの、ぐずつくお天気続き。
なかなか土用干に漕ぎつけないまま、8月を迎えました。

カーッ!と晴れた週末を待つものの、曇天のじと~っとした週末。
このままでは9月になりそうだったので、あきらめて土用干です。

d0130927_1265555.jpg


夕方のドシャ降りという悪天候にも負けず、とりあえず3日干しました。
(夜は家の中に取り込みました)

d0130927_12987.jpg干したばかりの梅たちは、
ぷにゅぷにゅ、テカテカ。
ベランダに漂う、梅の香り~。
たまりません!


d0130927_1295577.jpg3日後には、このとおり。塩がふいて、おいしくなります。
また、保存容器に戻して、半年眠っていただきます!


d0130927_1211030.jpg赤シソも、天日干し。
こちらは「ゆかり」になります~♪
おにぎり、食べたい。
[PR]
by popoki1202 | 2009-08-09 12:12 | 美味

梅の季節

d0130927_1457625.jpg


この季節がやってきた!
完熟した梅は、甘く桃のような香り。

去年は、予約注文のタイミングを逃してしまって、梅干し用の梅を入手するのが大変だったので、今年は5月から予約して、到着を心待ちにしていた。
月向農園さんの完熟梅は、樹で完全に熟し自然落下した梅。
ダンボールを開ける前から、部屋中に広がる甘い香り。
幸せ~。


自然落下の超完熟梅は、ヘタ取りもあく抜きも不要。
漬けるスピードが命!といことで、到着してすぐに水洗いし、塩漬けに。
d0130927_1515115.jpg



水洗いしたら、丁寧に梅をふく。
完熟なので、皮がやぶれないように、やさしく、やさしく。
d0130927_1531510.jpg


雨の日に梅をつけると、カビが生えやすいとか言うけれど・・・。
完熟梅は、スピードが命!
せっせと、塩の衣を着せてあげます。
d0130927_1533477.jpg


d0130927_1553868.jpg


あとは、梅酢があがってくるのを待って、赤シソ漬け。
今回は、手抜きで「もみ赤シソ」を月光農園さんで一緒に購入したので、
ラクチン!
(シソもみ、結構好きなんだけど・・・)
d0130927_1510581.jpg


あとは、カビないことを祈りつつ、土用の晴天を待つのみ!


去年、初めて梅干し作りをしたら、楽しかったので、恒例行事に。
今年は、やり方がわかったからか、とても簡単に感じた。
シソもみがなくて、物足りないくらい。

梅酒は、去年作ったのが丸々残っているので、今年はなし。
とりあえず、梅仕事もひと段落して、ほっとしたような、さみしいような。
[PR]
by popoki1202 | 2009-06-28 15:17 | 美味

土用干し

d0130927_16342045.jpg

連休中は遠出はせず、ゆっくり過ごしていました。
関東もやっと梅雨明け。 このお天気を利用しない手はない。
梅干しの土用干をすることにした。
ざる総出で、土用干し。
d0130927_16364447.jpg

d0130927_16391377.jpg


干す前は、しっとりした梅さんたち。
ベランダにでると、梅干しの良い香りが漂う。
d0130927_16414599.jpg


2日後には、このとおり。
しわしわで、白っぽくなりました。
d0130927_1642274.jpg


さて、この可愛い梅たち、食べ頃はお正月。
それまで、また保存容器のなかでおやすみなさい。
[PR]
by popoki1202 | 2008-07-21 16:46 | 美味
d0130927_1140187.jpg

 『こんどは、なに?なんか、たくさんある~。』
 「乙女ちゃん、赤じそですよ。いい香りだね~。」
  『 ・・・・。 』
d0130927_11412023.jpg


赤じそを手に入れるのに、八百屋さんをはしご。
結局、いつも行く八百屋さんでゲットできました!最初から、来ればよかった。
赤じそは、予約制らしく、今回は運良く分けていただくことができました。
来年は、予約しよう~。

d0130927_11431535.jpg洗って、しばし干した赤じそを、塩でもみ、あくを絞り、また塩でもみ、あくを絞る。

このもむ作業が、実に楽しい。

紫色のジュースのようなあくを捨てるのが、もったいない気がするけれど、ぐぐっと我慢して捨てる。

あんなに沢山あった赤じそが、こんなに小さくなっちゃった。

d0130927_11433045.jpgカビもはえず、無事でした。

ちょっと梅をさわったら、くにゅくにゅ、やわらかい~。

赤じそに梅酢をいれて、さらにもみもみ。

d0130927_11434810.jpg手が真っ赤に。
楽しい~。

d0130927_1144425.jpg梅酢と混ぜた赤じそを、梅干したるに戻します。

d0130927_11442024.jpgあとは、梅雨明けを待って、干すのみ。

しばし、またお別れです。
[PR]
by popoki1202 | 2008-07-06 11:53 | 美味

ほとんど日常雑記


by popoki1202