かぎしっぽ通り

popoki1202.exblog.jp
ブログトップ

タグ:百名山 ( 20 ) タグの人気記事

d0130927_10494752.jpg


安達太良山の山頂は、そこだけ岩がボコっとなっていまして、
急な岩場をえっちらおっちら登ります。

第一段階まで登って、下を見るとこんな感じ。
ミルクさんが、一生懸命登っています!!
d0130927_1053461.jpg


岩場のかげに、イワカガミの群生が(^^)
d0130927_10584235.jpg


山頂は風も強くて寒いので、さくっと撮影しちゃいましょう!
■牛の背、沼ノ平火口方面
d0130927_10593590.jpg

■二本松市街地方面
d0130927_110656.jpg

■篭山と峰の辻方面 グリーンがキレイ
d0130927_110207.jpg


山頂をゲットしたら、山頂下でランチをとり、沼ノ平を目指します。
赤土の道を進み、土色が黄色っぽくなってきたら、沼ノ平火口に到着。
d0130927_119644.jpg

d0130927_1110545.jpg


ここからは、また高山植物たくさんの道を通って、くろがね小屋を目指します。
山頂からずっと風が強く、かなり冷えた私達・・・。カッパを着て丁度良いくらい。
「はやく温泉に浸かりたいね」と話していたら、あら青空!
d0130927_11135310.jpg


やっぱり青空があると、テンションあがりますね~。(ゲンキンなもので・・・)
お花もたくさんでますます楽しい♪

オノエラン                       アカモノ(たくさん群生していました♪)
d0130927_11152040.jpgd0130927_11153840.jpg

タニウツギ                      イワカガミはあちこちに♪
d0130927_11162723.jpgd0130927_11182756.jpg

d0130927_11192313.jpg

d0130927_11193795.jpgミネズオウもちらほらと。
最盛期はこれからかしら?
白いのとピンクのがありました~(^^)


d0130927_11244166.jpg

d0130927_11304423.jpg


気持ちの良い道をずんずん歩いて。
やっと着いたよ、くろがね小屋!
小屋前で休憩する方はちらほら。
お風呂、混んでるかしら・・・?と、おそるおそる中へ。
なんと、貸し切りでした!!(前回もそうだった
d0130927_1133458.jpg

硫黄の香りが、良い感じ。
まさに源泉掛け流し~~、なのですが、熱くて熱くて!水をうめて入ります。
ここは初めてのミルクさん。熱さと泉質の良さに驚いておりました。
熱いので長湯はできませんが、これが不思議とこの温泉に入ったあとは
足が軽~くなるのです。前回もそうだったのですが、今回も実感。

温泉に入ったら、小屋の中で少し休憩させていただきました。
フムフム、二階が宿泊部屋になっているのね~。良い雰囲気です。
d0130927_11381731.jpg

d0130927_11383049.jpg

d0130927_11403738.jpg足も軽くなったことですし、そろそろ帰りましょう~。

この道も、お花がたくさんで飽きることがありません(^^)











↓ コバイケイソウかしら・・・?
去年の6月はこっちのコースは歩いていないので新鮮です。

d0130927_11414955.jpgd0130927_11411426.jpg

d0130927_11463439.jpgつりがね系も鈴なり~~。

■サラサドウダン
濃いピンクのものと、薄いピンクのがありました。
ほんと、このお花かわいい~。

d0130927_1147205.jpg

d0130927_1148022.jpg■ウラジロヨウラク
蕾のものもたくさんあったので、これからが最盛期かな?
こちらも、可愛らしい。

d0130927_11481567.jpg■アカモノ
足元にたくさん咲いていました。
昔、アカモモだと思っていた私・・・。
やっとお名前覚えられました!




やっぱり、いいなぁ安達太良山。
秋も良い!と思ったけれど、花の季節も最高ですね~~。
くろがね小屋もまた良いのです。あの温泉に入るために登るというのもアリかなと。
突然のお誘いにもかかわらず、運転手をかってでてくれたミルクさん、ありがとう~。
また、お山行きましょうね!

▲コースタイム 約5時間
10:10 安達太良山ロープウェイ乗り場
10:20 登山口
11:45 安達太良山山頂(山頂下でランチ)
12:20 沼ノ平火口~峰の辻
13:15 くろがね小屋(温泉)
15:20 駐車場着

★2012年6月の安達太良山
★2012年11月の安達太良山




人気ブログランキングへ
[PR]
by popoki1202 | 2013-06-30 10:00 | 夏山
「イワカガミに会いたいなぁ~」と思っていた週末。
翌日のお天気をみると、なんとかもちそう!
急に思い立ち、「安達太良山にイワカガミに会いにいかない?」とミルクさんをお誘いすると
「行く!行く!」と。

いそいそと新幹線の切符とレンタカーを手配し、やって参りました安達太良山。

d0130927_9562261.jpg


天気予報では晴れだったけれど、曇天。
ガスもでていますが、まぁ梅雨時期ですし降られないだけましというものでしょう。

今回もロープウェイで一気に1300Mまで登ってしまうというラクチンコース(^^)
ロープウェイを降りてすぐのお花のお出迎えに、興奮気味の我々。
このつりがね系のお花たち、かわいいのよね~~♪
鈴なりですね~(^^)
d0130927_9582697.jpg

ウラジロヨウラク                    サラサドウダン
d0130927_9583747.jpgd0130927_9591692.jpg


確か去年来た時は、結構イワカガミを見たのよね~。
咲き終わったらしきイワカガミの茎を見かけるも、今年は、なかなか出会えません。
もう終わっちゃったのかな・・・。
でも、白いお花たちも負けていませんよ~~。

アカモノ                                 ツマトリソウ
d0130927_1025679.jpgd0130927_1032169.jpg

マイヅルソウ                     イソツツジ             
d0130927_1041542.jpgd0130927_1063478.jpg

シャクナゲ                     キノコ~~!!
d0130927_107644.jpgd0130927_1091777.jpg

この季節、お花がいっぱいで、歩くの楽しい~~。
やっぱり、安達太良山、大好きです(^^)

高度があがってくると、イワカガミもちらほらと♪
これは上のほうは期待できそう~~。
d0130927_10113125.jpg

d0130927_10113083.jpg


歩き初めて約1時間。森林限界を超えました。
気持ち良い~~。
d0130927_1015925.jpg

d0130927_10134168.jpg

そうそう、この景色!
この日は曇天で、風が吹くと寒いくらい。鳥もびゅんびゅん飛んでいます。

d0130927_10164731.jpg

d0130927_10171355.jpg

ボコっと飛び出ているのが、安達太良山の山頂。
よ~し、あそこまであと少し!!

(後編に続く)

★2012年6月の安達太良山
★2012年11月の安達太良山



人気ブログランキングへ
[PR]
by popoki1202 | 2013-06-29 10:19 | 夏山
荒涼とした沼の平を過ぎると、あとは下るのみである。
下を見れば、紅葉の絨毯。こんな景色、みたことない。
赤や黄色に橙。常緑樹がポイントとなって、美しいこと。
d0130927_22523892.jpg


標高が下がってくると、ナナカマドが真っ赤! 青空に映えますね~。
d0130927_22561310.jpg

安達太良山には、とっても良い温泉付きの山小屋がある。
ちょうど帰りのバスの時間まで余裕があることだし、行ってみましょうか。
d0130927_22593118.jpg

d0130927_2303064.jpg

d0130927_2315134.jpg

d0130927_2321032.jpgd0130927_237550.jpg

憧れの「くろがね小屋」。
立ち寄り湯は400円と良心的。受付で料金を払ったら、湯船にGO!!
硫黄の温泉が、ざばざばと湯船に注がれていて、もちろん源泉掛け流し♪
浸かっていると、お肌がつるつる~。
外は見事な紅葉。こんな贅沢な湯浴みはなかなかないです。
他にお客さんもいなかったので、窓を開けて露天気分でゆっくり楽しませて頂きました♪
だって、外にはこんな紅葉が広がっているんですもの~(^^)

d0130927_2341965.jpg

d0130927_2345954.jpg

温泉に入ったら、体はぽっかぽかで、足が軽くなりました♪
くろがね小屋の方も、小屋から下が見頃だと仰っていたので、楽しみに下山します。
d0130927_2313915.jpg

d0130927_23132665.jpg

d0130927_2315347.jpg

紅葉のトンネルを抜けて、また紅葉。
撮影ばかりしていて、なかなか進みません(^^)
振り返れば、彩りの山のなかに「くろがね小屋」
d0130927_23175279.jpg

d0130927_2318238.jpg

d0130927_23183544.jpg

右をみても、左をみても、パッチワークと彩りが広がっていて、たまりません(*^_^*)

標高が下がってくると、紅葉の色が変わってきます。
くろがね小屋の辺りでは、鮮やかな赤や黄色、橙など、くっきりした色が多かったけれど、
下ってくると、カラマツやブナが多くなってきます。
d0130927_23221259.jpg

d0130927_23224928.jpg

優しい色合いのブナの黄葉も、また素敵。

d0130927_23233971.jpg

d0130927_23235312.jpg

d0130927_23265782.jpg



夏山のお花が沢山のお山も楽しいけれど、
紅葉の山登りもまた別の楽しみがありました。
安達太良山、来年の秋も会いに行きたいな~。
ご一緒いただいたkiyomixさん、ありがとうございました(^^)



▲コースタイム 約6時間(温泉休憩含む)
10:40 ゴンドラ乗り場
12:30 安達太良山 山頂(昼食)
13:10 沼の平
14:30~15:00 くろがね小屋(温泉)
16:40 ゴンドラ乗り場着



人気ブログランキングへ
[PR]
by popoki1202 | 2012-11-05 23:38 | 秋山
今年の6月下旬、初夏の安達太良山に登った。(そのときの記事はコチラ
あまりに素晴らしいお山だったので「また秋に来ようね」と、kiyomixさんとミルクさんと約束していたのだが、
ミルクさんの都合が合わず、今回はkiyomixさんとやってきた。
d0130927_1535404.jpg

郡山駅前の街路樹はすでに紅葉していて、だいぶ里まで紅葉がおりてきている様子。
お山はどうかな?と思いましたが、ゴンドラ乗り場から見るとなかなか♪
これは期待できそうです(^^) ただ、お天気が・・・。雲が多いですね~。


d0130927_153851100.jpg

d0130927_15393058.jpg

ゴンドラ山頂駅までくると、ガスで視界はほとんどなし。
でも、足元を見れば紅葉した葉っぱがちらほら。
空気は冷たくて気持ちが良いし、秋山はいいですね~。
しばし登ってくると、時折ガスが切れてきました。
あ、青空!

d0130927_15414378.jpg

d0130927_154281.jpg

日が差すと、紅葉はますます美しい。赤い葉っぱがかわいい♪

テンションもあがってきました。
眼下に広がる、黄色く染まる山と福島の町。キレイだなぁ~。

d0130927_15445037.jpg


山頂近くまでやってきましたよ。
d0130927_15464031.jpg

山頂を踏んだら、少し下の景色の良い場所でランチタイム。
最初はガスで見えなかった景色が、見えてきました♪
お~、キレイ~~。
思わず、お昼のカップヌードルもそのままに写真撮影タイム。
(↓撮影に没頭するkiyomixさん(^^) )
d0130927_1550286.jpg

東北の山らしい雰囲気。いいなぁ、この景色。
d0130927_15493931.jpg

d0130927_15495276.jpg


風が強くなってきたので、ランチを済ませたら、山頂から降りて、沼の平を目指します。
あっち(沼の平方面)は、荒涼とした雰囲気ですね~。

d0130927_15515917.jpg

d0130927_1554374.jpg

ガスは切れましたが、風が強い、強い。
手袋をしていないと、手が切れそうに冷たい。
右手を見ると、美しい彩りが広がる。ここ、キレイ~~。
d0130927_15552077.jpg

d0130927_1556953.jpg

高山植物のお花が沢山の夏山も楽しいけれど、秋山も良いものですね~。

真っ黄色の土の世界を抜けると・・・
d0130927_15571364.jpg


沼の平火口に到着!
ここ、本当に不思議な世界。ここだけ、真っ白なんですよね~。

d0130927_1601547.jpg


安達太良山、やっぱり魅力的なお山です。
ゴンドラを使えば、ラクラクだし、2000Mに満たないのに植生に変化があって面白い。
(東北の山は、良いですね~♪)

火山の一面を見られるのも、また魅力。
毎年、秋に訪れたいな~。

(安達太良山 後編に続く)


人気ブログランキングへ
[PR]
by popoki1202 | 2012-10-28 16:05 | 秋山
さて、安達太良山の山頂真下までやってきた我々。

目の前に広がる景色に目を奪われた。

(写真を撮るミルクさんとkiyomixさん )
d0130927_11483080.jpg


グリーンの絨毯と赤土、ぽこぽこした山。
d0130927_11502516.jpg


いつまでも見ていたいところですが、
おなかも空いてきたことですし、山頂を目指しましょうか。

滑りやすいザレの坂を登り、鎖場もあり、なかなか登り甲斐があります。
岩場に、イワカガミが群生していたりして、これまたおいしい道♪
d0130927_11581959.jpg

d0130927_1232227.jpg


山頂からの眺め~。
d0130927_11591297.jpg

d0130927_1159212.jpg


晴れていれば磐梯山も見えるらしいが、この日は曇天。
でも梅雨の時期に雨に降られず登れたんですから、満足♪ 満足♪
このグリーンの絨毯、なんとも言えず良いなぁ~。

山頂は風が強く、寒かったので山頂下でランチタイム。
お腹を満たしたら、牛の背方面に向かいます。

d0130927_1231224.jpg


硫黄の匂いが強くなってきたな~と思ったら、沼の平に到着。
火口跡なんだそうです。
なぜかこういう景色、好きです。
d0130927_1253618.jpg


沼の平をあとにし、気持ちの良い道をくだっていきます。
登山道脇に広がるイワカガミの群生地♪ ほかにも高山植物がたくさん!
d0130927_12103491.jpg

イワカガミ  ・  オノエラン
d0130927_12111265.jpgd0130927_12121847.jpg

ウラジロヨウラク  ・  サラサドウダン

d0130927_12113444.jpgd0130927_1212124.jpg

タニウツギ  ・  ?

d0130927_12144946.jpgd0130927_12152636.jpg

d0130927_12153144.jpgd0130927_1216965.jpg

d0130927_12182749.jpgアカモノ

d0130927_12185374.jpgミネズオウ


しばし下って、勢至平に到着。
この辺りに、たしかレンゲツツジがと思っていたら、ありました♪
出会えて良かったぁ(^^)
d0130927_1424211.jpgd0130927_1423616.jpg


安達太良山といえば、智恵子抄。
ほんとの空。
山からみる空、山、眼下に広がる平野も素晴らしかった。

安達太良山、いやはや素敵なお山でした。
すっかり安達太良山のファンになりましたよ~。
秋の紅葉も良さそうなので、また秋に来たいな~。



◆おまけ 安達太良渓谷
登山口近くの安達太良渓谷。
渓谷沿いが遊歩道になっているみたい。
夏はここを歩いても気持ちよさそう~~。
d0130927_1230521.jpg


▲コースタイム 約5時間
10:40 あだたらエクスプレス(ゴンドラ)山頂駅
12:20 安達太良山山頂(ランチ)
13:10 沼の平
14:30 峰の辻
15:40 ゴンドラ乗り場着



★安達太良山 前編
[PR]
by popoki1202 | 2012-07-01 08:00 | 夏山
山登りを始めてから、ずっと行ってみたかった山のひとつ、安達太良山。
「レンゲツツジの咲く季節に行きませんか?」と、kiyomixさん から嬉しいお誘い。
kiyomixさん、ミルクさんと訪れました。

原発事故の影響で登山客が減っているときいていたけれど、
駐車場は結構うまっていたので、少しずつ人が増えてきているのかな。


安達太良山は、標高1700M。
登山口から登るルートもあるけれど、今回はゴンドラで一気に1350Mまで行き、
山頂を目指し、ぐるっとまわって下山することに。

d0130927_9242850.jpg

d0130927_9244276.jpg


歩き初めてすぐ、たくさんの高山植物に出会ってテンションあがる三人。
写真撮影で、なかなか進みません(^^)
たのしい~~。

大好きなイワカガミ!
このあと、さらに大群生に出会えるとはこの時は知りませんでした。
d0130927_9255643.jpgd0130927_926749.jpg


マイヅルソウとゴゼンタチバナ。
たくさん群生地がありました~。

d0130927_9263192.jpgd0130927_9264166.jpg


花を見ながら登れる季節が、いちばん楽しいな~。
歩き初めて約40分、森林限界が近づいてきて、視界がひらけてきました。気持ち良い~~。

d0130927_9281830.jpg

d0130927_9302142.jpg

d0130927_9303255.jpg


こういう風景を見ると、東北の山だなぁ~と実感します。
大好きな眺め。なんかいいなぁ~。ほっとします(^^)

d0130927_9342076.jpgd0130927_9353830.jpg


しばし小休止したら、山頂を目指します!

d0130927_9355451.jpg


d0130927_9363629.jpg

山頂は、ぽこっと突き出ているところ。
だいぶ近づいてきました。

・・・後編へ続く
[PR]
by popoki1202 | 2012-06-30 09:39 | 夏山
d0130927_1039826.jpg

山で飲むコーヒーは美味しいですね~。
(気温が低いから、すぐに冷めちゃう!猫舌なので、冷めて飲みやすい・・)
肩の小屋でまったりコーヒーを飲んだら、畳平へ戻ります。

登って来た道を戻って、と。
畳平までやってきたら、来た道にロープが張られ、立入禁止になっている!
d0130927_1040830.jpg


どうやら、クマさんが畳平近くの岩に出没したようです。
眺めてみるも、もちろんクマさんの姿は見えませんでした。
d0130927_104210100.jpg


砂利道を歩いて、畳平のバスターミナルを目指します。
d0130927_10434135.jpg

午後から畳平にやってきた人達は、お花畑の散策ができなくて残念そう。
でも、数年前にはバスターミナルにクマが出没してケガ人もでましたしね。
注意しなくちゃですものね。
色んな場所で双眼鏡でクマ出没を注視しているパトロール隊さんを見かけました。
ご苦労様です。ありがとうございます!

*後日ニュースを見たら、どうやら8/12の午前中に不肖ヶ池近くでクマ目撃があり、
 警戒レベルが引き上げられ、しばらくお花畑は立入禁止になっていたようです。
 そのときのニュースはコチラ

クマがでたという不肖ヶ池は、コチラです↓
d0130927_10533259.jpg

まさに、朝すぐ脇を歩いてきた場所。
あのあと、すぐに出没したのかしら~~?
ともかく、クマさんに会うことなく歩けて良かった。
お花畑も、ライチョウも堪能できて良かった~。

鶴ヶ池をみながら、しばし歩くともうバスターミナルに到着!
d0130927_10544163.jpg


結構、たくさんの人がいました~。
お花畑を歩けないので、近くの魔王岳(2,763M)や富士見岳(2,817M)を
歩く人が多かったみたいですね。

私たちはバスの時間まで、各自観光~。
乗鞍山頂簡易郵便局~♪ 
ライチョウや乗鞍岳がデザインされたスタンプがあります。
ここから、ハガキを出すと乗鞍山頂の消印を押してくれますよ~。
d0130927_10582269.jpg


おとなりは、乗鞍本宮。
d0130927_1121663.jpg


母はというと、お土産屋さんめぐりをしていたみたい。
久しぶりの旅行(日帰りとはいえ)で、かなり楽しかったみたい(^_^)v
よかった~~。

d0130927_11432.jpg


帰りのバスは二人とも爆睡でした。
乗鞍、かなりステキな所でした!実家の近くにこんな場所があっただなんて。
また訪れたいな~。

▲全コースタイム
(約5時間)

7:00 乗鞍観光センター駐車場~シャトルバス
7:50 乗鞍畳平着
8:00~8:45 畳平 お花畑散策
9:00  畳平(2,702M)出発
9:15  不肖ヶ池
9:30  肩の小屋着
10:20 朝日岳(2,975M)
10:30 蚕玉岳(2,979M)
10:40 山頂小屋
10:50 剣ヶ峰山頂(3,026M)
11:00~11:20 蚕玉岳で昼食
12:00 肩の小屋着(コーヒーブレイク)
12:43 不肖ヶ池
13:00 畳平バスターミナル着

長いレポにおつきあい頂きましてありがとうございました!
人気ブログランキングへ
[PR]
by popoki1202 | 2011-08-22 20:10 | 夏山
蚕玉岳(2,979M)がゴールだと思って登ってきた人は
私たちだけではなかったようで・・・。
「やった~!」と登ってきては、まだあったと小休止しているお仲間がちらほら。

さて、私たちもホントのゴールへ向けて出発です。
d0130927_9531692.jpg


このあたりは、さすがの森林限界。
白いガレの道です。
でも、こんな場所でも咲いているんですね~。イワギキョウです。
すごいね、高山植物♪ 写真は撮れなかったけれど、コマクサさんもいましたよ~。
d0130927_9543088.jpg


お花に励まされながら、ハァハァと登ると小屋がありました。
頂上小屋さんです。
Tシャツやバッチ、ハガキが売っていました。
ここでハガキを購入して、またもやしばし小休止。(休憩多いね・・・)
d0130927_9565555.jpg


急な岩をよじ登って・・・。
着いた~、剣ヶ峰山頂~~!3,026Mだ~!
d0130927_101065.jpg


山頂は混みあっていたので、ぐるっと景色をみて、下山します。
初の3000M級に感激!
あの独立峰は「御嶽山」かなぁ~。
d0130927_9584251.jpg

こっちは歩いてきた稜線と、はるか遠くに北アルプス!
d0130927_1003976.jpg

絶景じゃ~~。
(母に、もう山ガールじゃなくて立派な山おばさんだねと言われる・・・。そのとおりですよ!)
d0130927_1015996.jpg


昼食は蚕玉岳でさくっと済ませ、肩の小屋を目指してさくさく下山。
d0130927_1044111.jpg


肩の小屋で、コーヒーを飲みながらまったり山を眺める。
あそこに登ってきたんだねぇ~。

d0130927_1071538.jpg


午後になると、登る人も増えてきました。
ファミリー層が多かったかな。
簡単に登れる3000M級の山って、なかなかないですものね~。
乗鞍岳、ステキなお山でした!お天気にも感謝!

▲コースタイム
9:00  畳平(2,702M)
9:15  不肖ヶ池
9:30  肩の小屋着
10:20 朝日岳(2,975M)
10:30 蚕玉岳(2,979M)
10:40 山頂小屋
10:50 剣ヶ峰山頂(3,026M)
11:00~11:20 蚕玉岳で昼食
12:00 肩の小屋着(コーヒーブレイク)

帰路編につづきます~(乗鞍レポひっぱるなぁ~)
人気ブログランキングへ
[PR]
by popoki1202 | 2011-08-21 16:47 | 夏山
肩の小屋で、トイレ休憩を済ませたら、本格的な山登りに入ります。
(肩の小屋までは軽ハイキングといった感じ。サンダル姿の観光客も多数。)

d0130927_8541567.jpg


こまめに休憩を入れながら、ゆっくり登ります。
振り返ると、肩の小屋が小さくなっていきます。
d0130927_8555135.jpg


高度があがるにつれて、振り返ると見える景色が変わってくる。
お~~、あれは北アルプス連峰だ~。もしや、奥穂高と槍ヶ岳では!
ちょっと感激~。
d0130927_8564722.jpg


登山道も岩が多く急坂になってきました。
母、意外と登るの早いし(^^;)
d0130927_93213.jpg

d0130927_8591114.jpg


肩の小屋から約1時間で朝日岳(2,975M)に到着!
しばし小休止。景色を楽しみます。あぁ、気持ち良い~~。
d0130927_945246.jpg


元気をチャージしたら、さらにゴールを目指して歩きます!
あと少し!ファイト、ファイト!
写真で見ると、それほど急坂でもないけれど、結構息があがっていました(^^;)
いつもは山登りでもず~とおしゃべりしている母も、さすがに無口に・・・。
d0130927_910061.jpg


お、ついた~~!
振り返ると、この絶景~~。
左から、槍ヶ岳、奥穂高、前穂高、常念~~。
いつか、あの山にも登れる日が来るのかなぁ~~。
d0130927_9121080.jpg


と、ひたるつもりが・・・。
ここは、ゴールではなく、剣ヶ峰の手前の蚕玉岳(2,979M)でした。

登っているときは、蚕玉岳で後ろの剣ヶ峰山頂が見えなかったのね。
てっきり、自分が登っているのは剣ヶ峰だと思っていた私たち。
ここで、しばしまた小休止。

さぁ、今度こそ剣ヶ峰に向かってGO~~!
d0130927_9195858.jpg


▲コースタイム
9:00  畳平(2,702M)
9:15  不肖ヶ池
9:30  肩の小屋着
10:20 朝日岳(2,975M)
10:30 蚕玉岳(2,979M)


乗鞍・肩の小屋~朝日岳~剣ヶ峰 その3につづきます~
人気ブログランキングへ
[PR]
by popoki1202 | 2011-08-20 09:24 | 夏山
畳平のお花畑をあとにし、3,026Mの剣ヶ峰を目指す。
畳平が2,702Mだから、約300Mの標高差。
コースタイムをみると、約1時間半の行程。

山登りは久しぶりという母に「行けそう?」と聞くと、「もちろん!」と元気な返事。
では、行けるところまで登りましょう~。

d0130927_11513170.jpg

(不肖ヶ池と乗鞍観測所)

d0130927_1154758.jpg

d0130927_1155189.jpgお、コマクサの群生だ~。

もうほとんどお花は終わりかけだったけれど、会えて嬉しいな。

毎年、こうして大好きなお花に山で会えるって幸せなことですよね~。


d0130927_11572542.jpg

登山道というより、遊歩道といった感じの道を進む。
奥の一番高い山が、ゴールの剣ヶ峰です。ゆっくり行きましょう~。
左手の大雪渓はスキー場。スキーヤーがたくさん滑っていました♪。たのしそう!
d0130927_11592770.jpg


眼下に広がるのは、乗鞍エコーラインと、遠くの山々。
折り重なった山の風景がキレイ~。
d0130927_1214581.jpg


景色を楽しみながら歩いていると、あっという間に肩の小屋に到着!
ここからの景色も最高~~。
乗鞍コロナ観測所と青空がキレイ!
d0130927_125536.jpg

d0130927_1265173.jpg


トイレ休憩をしたら、朝日岳~剣ヶ峰に出発です!
d0130927_12101194.jpg


▲コースタイム
9:00 畳平
9:15 不肖ヶ池
9:30 肩の小屋着

肩の小屋~朝日岳~剣ヶ峰 その2につづきます~。
人気ブログランキングへ
[PR]
by popoki1202 | 2011-08-19 12:15 | 夏山

ほとんど日常雑記


by popoki1202